« カラオケデビュー | トップページ | ドイツの風 »

47都道府県

日本は47都道府県の行政区分の歴史はそれまでの藩は廃止する廃藩置県が施行されたことにさかのぼります。

1使(現在の北海道)3府302県が置かれました。その時は藩の名前をそのまま使用したために県名と県庁所在地は同じでした。

ところが、同年11月に1使72県に統合する際、県名と県庁所在地が異なる県が出てきました。その後統廃合がくりかえされ現在の区分になっております。かつて社会科の授業で、県庁所在地を暗記するのに苦労された方々は多くおられかなと思います。

 戊辰戦争をはじめとする明治維新の際には、新政府軍に味方する旧藩、抵抗する旧藩とに分かれました。

 県庁所在地と県名が異なるところの多くは新政府に抵抗した旧藩が多いようです。

たとえば、松江、松山、高松、仙台、盛岡等です。

 県庁所在地の歴史はこんなところにもございました

山口県の県庁所在地は山口市です。人口は下関市よりも少ないですが、旧藩庁があったことなどからこの地に落ち着いたようです。

JR西日本山口線山口駅下車

 Img_1640

|

« カラオケデビュー | トップページ | ドイツの風 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

滋賀県人でありますから、知っているべきなのですが。
滋賀県の県庁所在地も「大津市」です。
かつて滋賀郡というのが存在していたようですが、私が物心ついたときには「志賀郡」しかありませんでした。その「志賀郡」も現在は「大津市」です。
歴史上のなりそめは、これから勉強してみないといけません。。

投稿: yume | 2009年11月23日 (月) 15時23分

yumeさんへ、県庁候補には彦根市もあったようですが、同市が市政を施行したのは昭和になってからです。なぜ大津県にならなかったのか調べてみるのも面白いかもしれませんね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年11月23日 (月) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラオケデビュー | トップページ | ドイツの風 »