« 広島駅途中下車-1 朝 | トップページ | 広島駅途中下車 新幹線口 »

広島駅途中下車-2 広島駅の2面性

Img_1857

Img_1843

広島駅は在来線の南口と新幹線の北口がございます。路線バスや広島電鉄が発着する南側の駅ビルは、かつて民衆駅とよばれてました。戦後国鉄は戦災によって多くの被害が出ましたが主にハード面、線路や車両の復興を重視したため、駅舎の改築は後回しになってました。そこで当時の国鉄は民間企業等に土地を貸して駅ビルを建設するよう働きかけました。現在JRへと引き継がれている駅ビルはこういった歴史がございます。

 ASSE(あっせ)とよばれる広島駅ビルはどちらかといえば地元密着の店舗が目立つようです。

|

« 広島駅途中下車-1 朝 | トップページ | 広島駅途中下車 新幹線口 »

鉄道」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
広島駅には縁がありませんが、駅ビルはそんな風に作られてきたのですか?確かに納得出来ますね。今はターミナル駅にはどこでも駅ビルがありますね。

投稿: シゲ | 2009年12月 5日 (土) 22時08分

シゲさんへ、阪急梅田駅等は駅ビルのパイオニアです。国鉄民営化前にスタートにた駅ビルはJRに引き継がれてます。

投稿: うてきなぷりぱ | 2009年12月 6日 (日) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島駅途中下車-1 朝 | トップページ | 広島駅途中下車 新幹線口 »