« 新快速のうてきな考察 | トップページ | 三宮での選択 »

姫路駅的考察

姫路駅も随分様変わりしたものです。昭和30年代には駅ビルをもつ近代的なターミナルだった当駅ですが、構内はかなり見ごたえがあったとように思います。なにかしらどこかにあるような駅になってしまった印象は隠せないですね。でも日々利用される方には待望の改装かもしれません。その中でも名物のえきそばが健在なのはうれしいですね。此処何年も駅では食してませんが、市内のスーパーでパック入りのを今年も購入して広島で自分で調理いたしました。(詳しくは男の料理一本勝負を参照ください。)

 左に見えるのは播但線(ばんたんせん)広島ブログ

 さて、私は一路神戸を目指します。

 今日の読書 築地魚河岸三代目27巻FISH-1 2 約束のヒラマサ 小学館

  九和かずとさん はしもとみつおさん

Img_2021

 

|

« 新快速のうてきな考察 | トップページ | 三宮での選択 »

鉄道」カテゴリの記事

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新快速のうてきな考察 | トップページ | 三宮での選択 »