« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

出雲市へのいざない

昨今はネットのおかげで、日本中の観光情報が瞬時に検索でき、気軽に旅行気分を味わえることが可能ですね。

 ですんでよく催事とかで物産展とかあると行きたくなりますね。その際には必ず観光パンフレットをもらってきます。

 今回ご紹介するのは「出雲市」です。小泉八雲(ラフカディオハーン)さんが、出雲大社を賞して「出雲は、わけても神の国」と記してます。

 また出雲大社が縁結びの神様として君臨しているのは、神在月(かみありづき)に八百万の神々がここに集まって男女の縁などについて話し合うことからとされてきます。

 私の人生のパートナーも八百万(やおろづ)の神々の裁定によるものなのでしょうか、浪漫を感じます。

 今回、気になったのは平田地区です。平成の大合併で出雲市に編入された旧平田市ですが木綿街道として栄え、江戸時代の面影を残します。

このパンフレットには掲載されていませんでしたが出雲の風景として外せないのが築地松(ついじまつ)ですね。国内でも砺波(となみ)等にしか見られない散村が出雲地方の風物詩となってます。ブログランキング 鉄道ブログブログ

 もとも地盤がよくないのと風雨を避けるために発展した築地松ですが、年々その数は減っているそうです。

 京都駅ビルに浮かぶ京都タワー

Img_2105

| | コメント (0)
|

無題

鉄道ブログを長らくやっていると困ることが、ネタ不足ですね。やはり何処其処の駅に下車した、列車を撮影した、etc,,,

しかし、実際問題そう週末ごとに足をのばせる方というのはごく少数派であって、大多数はネタ不足に陥っているのではないでしょうか。私自身もネットの力を借りて全国を旅行している気分を味わってます。

 でもやはり自分の目で確認してみたいのも本音ですね。だから行きたいところが増えすぎて正直困ってます。

 

Img_2148

| | コメント (0)
|

広島市民病院にて

Img_2149

| | コメント (0)
|

夕闇をひとり

Img_2009

| | コメント (2)
|

龍馬は大空へ

Img_2166

| | コメント (0)
|

みんなが困ります

ちょっとした行為がみんなを困らせてることって結構あるのではないでしょうか。そのひとつがゴミのポイ捨てでしょうか

Img_2091

| | コメント (2)
|

デフ板

蒸気機関車の正面に立つ2枚の板は除煙板(デフレクター) 通称デフと呼ばれてます。その形はいろいろございまして、一見画一化された感のある蒸気機関車のアクセントになってます。もし保存されている蒸気機関車をご覧になる機会がございましたらチェックしてみてください。

 Img_2076

| | コメント (0)
|

西遊記 30年の時を越えて

1978年放映の人気ドラマ「西遊記」 32年の時を経てDVDにて鑑賞しました。特撮にはやや時代を感じさせるものの、夏目雅子さんの慈悲深さを感じさせる演技や、堺正章さん、西田敏之さん、岸部シローさんの軽妙なやりとりは色褪せることはないようでした。

 チンパンジーは孫悟空のモデルとはされてませんが、最も人間に近い猿といわれてます。(王子動物園にて)

 Img_2049

| | コメント (0)
|

兵馬俑(へいばよう)

本物の兵馬俑(へいばよう)を見てみたいですね(王子動物園にて)

私の墓の埋葬品にはブログに使った写真のSDカードと切符のコレクションにしてほしいですね。

Img_2064

| | コメント (2)
|

上郡駅途中下車

Img_1999

| | コメント (0)
|

京都タワー

京都タワーは初めてです。時間がないので上まで登れませんでしたが、1階のお土産さんのコーナーは昭和の匂いがしました。

Img_2104

| | コメント (0)
|

いざ北陸路へ

いざ北陸路へ、このままサンダーバード号に乗って行きたい気分になりました。大阪在住時は18切符でよくお邪魔してましたが、やはり広島からは遠いですね。広島ブログ

 もし北陸旅行でしたら、富山にまず行って、富山地方鉄道、富山ライトレールに乗車し、高岡や井波の町歩きもいいですね。

 Img_2099

| | コメント (0)
|

象の付く地名

象がつく地名といえば、松尾芭蕉さんも訪れた象潟(きさかた)がまず思い浮かびますね。秋田県にかほ市。日本には象は生息してませんので動物園でしか見ることができません。だから象がつく地名はめずらしいですね。もともとは蚶(きさ)という貝がたくさん取れたのが地名の由来とされています。

 芭蕉さんは同地で 象潟や雨に西施(せいし)がねぶの花 と詠んでおります。

かつては日本三景の松島のように多島美を誇っていた同地を中国の美女 西施さんとねぶの花になぞらえたものです。芭蕉さんは西施さんは見たことはないと思うのですがかなりの美人だったのでしょう。

 象潟はかつて乗車した白鳥号の停車駅でした。機会があればお邪魔したいですね。

 

 

 王子動物園のインド象さんです

Img_2068

| | コメント (0)
|

京都駅ちょっと途中下車

Img_2102

| | コメント (0)
|

フンボルト海流にのってやってきた

フンボルトペンギンさんは国内はもとより世界各地の水族館、動物園で飼育されている私たちには身近な存在のペンギンさんなのですが、野生のものは絶滅危惧種に指定されています。寒流の恩恵で極寒の地でなくても生息できるのが、それは人間のと生活圏の共存という難しい問題に直面してます。

本日の読書 「サラ川(せん)」傑作選 すごろく 講談社 ¥1000 税別

「義経をみてるときだけ妻静か」他

 Img_2063

| | コメント (0)
|

ハンター邸の横顔

本日の読書 英雄、食と健康のすすめ 加来耕三(かくこうぞう)さん 

光人社 ¥1800 税別

Img_2054

| | コメント (0)
|

彼らの目に映るものは

Img_2071 彼らから見た我々人間は、日本はどう映るのでしょうか?

本日の読書 使ってみたい落語のことば 長井好弘さん アスペクト ¥980 税別

| | コメント (0)
|

JR灘駅は変わる

JR神戸線灘駅は大きく変わりつつあります。かつての風格ある駅舎は消え近代的な橋上駅舎へと生まれ変わります。

本日の読書 大阪 東京 ゼニカネ文化論 藤本義一さん 家の光協会 ¥1500 税別

Img_2090

| | コメント (0)
|

明日への飛翔

空港というのは駅とは違った独特の雰囲気がございますね。土曜日の午前中ですが人はまばらでした。これから飛翔するために訪れたのではなく、次男坊の空港限定のストラップを買いにまいりました。私は2度目ですが、息子は広島空港デビューと相成りました。

本日の読書 黄昏流星群 走れ!彗星ランナー 弘兼憲史さん 小学館 ¥505 税別

Img_2164

| | コメント (0)
|

京都駅と広島つながり

京都駅ビルと広島市立基町(もとまち)高校の設計は原広司さんです。

Img_2106

| | コメント (0)
|

視界不良

ハンター邸の全体を写真におさめようとしたのですが、結果がこれでした。工作機械が被写体に入り雑多な写真になってしまいました。

 神戸市内にあるハンター坂は、彼が自費で建設した道路です。

Img_2059

| | コメント (0)
|

ここから先は入れません

王子公園内にございます「旧ハンター邸」。この看板より先には入れません。年3回の一般公開の時を待つしかありません。このときばかりは神戸っこになりたい気分です。

本日の読書 龍馬長崎で待つ  大河ドラマ「龍馬伝」長崎県推進協議会 無料

Img_2056

| | コメント (2)
|

レッサーパンダな想い

レッサーパンダはパンダ科(アライグマ科に分類されることもあります)

動きが早いので写真におさめるのも一苦労です。

本日の読書 海幸山幸(うみさちやまさち)  JR九州 無料

南へ回帰する ひむかの国のリゾート特急 

Img_2046

| | コメント (0)
|

あの煉瓦造りの建物は?

王子公園から見える煉瓦造りの建物、あれは何?分からないのでとりあえずシャッターを切りました。帰宅後調べてみると「神戸文学館」でした。でも見た感じレプリカではなさそうな重厚な雰囲気が感じられました。

ここは旧関西学院大学ブランチメモリアルチャペルでした。明治37年(1904年)建設で2度の改築へて、現在国の有形登録文化財に指定され、神戸市内に現存する煉瓦造りの教会では最古のものです。この周辺はかつて原田の森とよばれ現在西宮市にございます関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)のキャンパスがございました。近隣には国内で2番目の県立近代美術館である原田の森県立近代美術館がございます。子供がもう少し成長してから再訪するとしましょう。

 本日の読書 スザンヌ宣伝部長 くまもと最高ザンス観光キャンペーン 

 JR九州 熊本県 無料

 熊本市 歴史の重みと風情がいっぱいの城下町

 阿蘇 雄雄しく(おお)美しく 大自然に抱かれる阿蘇

 黒川温泉 湯のぬくもりと風情ある町並み散策を楽しむ

 人吉 相良(さがら)700年の歴史が息づく熊本の小京都

Img_2048

| | コメント (2)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »