« いよいよ | トップページ | 白い車体が眩しい »

余裕が欲しい

若松線ホームから立体交差部を確認しました。建設当時は列車がとりあえず通過できればOKだったと思います。今でしたら架線を通すことや、交差する道路の事や高架下の有効利用も考慮に入れなければなりません。

 よく見ると架線がトンネルの手前で終わってます。若松線が電化できない理由がここにあるようです。

 Img_2412

|

« いよいよ | トップページ | 白い車体が眩しい »

鉄道」カテゴリの記事

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ | トップページ | 白い車体が眩しい »