« 8/6歴史の生き証人 ヒバクデンシャ | トップページ | 晴れの国岡山のたび-2 ここで落ち合いましょう »

晴れの国の岡山のたび-1 落合からスタート

当ブログも長い夏休みを頂きました。色々充電ができてよかったです。

ところで今日から不定期で岡山(おかやま)県をご紹介していければと思います。同県は広島(ひろしま)県のお隣、私のふるさと兵庫(ひょうご)県のお隣ということで、過去にも何度もお邪魔し、ブログにも取り上げてきましたが、広島市からみると岡山県は遠く感じますね。福山(ふくやま)、尾道(おのみち)、三原(みはら)といった備後(びんご)地区ならかなり近く感じるでしょう。

そんな岡山を2泊3日で訪問してきました。時間の関係でマイカー利用となってます。もっと時間があれば青春18切符でお邪魔したかったです。

 さて最初に降り立ったのは真庭市(まにわ)です。私が以前お邪魔したときは真庭郡でした。

 Img_0004

お断り  本日のブログより地名や人名や難解なことばには振り仮名を入れさせていただきます。これは当ブログが目指す文章のバリアフリー(小学生高学年くらいの方でも理解できる)、また社会科や中学生以上の方の地理、日本史の副読本にしていただくということを目標にしております。ご了承ください。

|

« 8/6歴史の生き証人 ヒバクデンシャ | トップページ | 晴れの国岡山のたび-2 ここで落ち合いましょう »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

岡山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/6歴史の生き証人 ヒバクデンシャ | トップページ | 晴れの国岡山のたび-2 ここで落ち合いましょう »