« 真庭の旅-5 天井 | トップページ | 真庭の旅-7 講堂 »

真庭の旅-6 校内放送

真庭市の地名

鍋屋(なべや)

鍋屋とは、鍋や釜等の主に日常生活に使用された鑄物(いもの)製品を生産、販売する商人のこと。

|

« 真庭の旅-5 天井 | トップページ | 真庭の旅-7 講堂 »

岡山県」カテゴリの記事

歴史的建造物」カテゴリの記事

コメント

ぷりちゃん、おひさしぶりです!

まだ、こんな古い学校が残ってるのですね!
一回行ってみたいです。

うちの次女・・・すっかり鉄道クラスタになってしまい
今日は青春18切符で滋賀県まで行ってます。
基本JR阪和線が好きみたいですが。
なかなかおもしろいです(笑

投稿: ゆみごん | 2010年9月 5日 (日) 13時08分

ゆみごんさんへ、ご無沙汰しております。青春18切符で滋賀ですかいいですね、またブログで紹介してください。
明治時代に当時にしては巨額のお金を使って建設した学校なので平成の現在もそのまま残っているようです。

投稿: うてきなぷりぱ | 2010年9月 5日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真庭の旅-5 天井 | トップページ | 真庭の旅-7 講堂 »