« 真庭の旅-13 床の間 そして次章へ | トップページ | 小さな連絡船 »

犬島へようこそ

犬島へようこそ

ところで犬島(いぬしま)ってどこにあるの?即座に答えられた方はかなりの岡山通、近代化産業遺産通、廃墟通と思われます。かくいう私も去年知りました。

正解は岡山県岡山市東区にございます。

 瀬戸内海の離島を一躍メジャーにしたものは一体なんだったのでしょうか?幾つかキーワードがございます。

 キーワード-1  廃墟

 最近書店に行くと廃墟をテーマにし写真集をよく見かけます。大型書店に行くとそれのコーナーが設けられたりしてます。
 この廃墟というのも大きく2つに分かれます。
 ひとつは廃墟をある意味オブジェ、芸術ととらえているもの
 もう一つはある意味、好奇心をあおるもの、探検気分、心霊スポット、落書きが乱立し、子供のころの秘密基地を想像されるものです。
犬島は廃墟ファンの間では以前から知られた存在だったようです。ただ交通アクセスの悪さから取り上げる方も少なかったようです。

 キーワード-2 アートプロジェクト

 犬島をメジャーにした要因のひとつです。2008年に廃墟を有効活用して展示施設としたことがその要因です。歴史的遺産をどうやって保存するかその一つの答えが見えてきます。

 キーワード-3 瀬戸内海
 
 瀬戸内海の離島をモデルにした映画やドラマ、古いところでは「二十四の瞳」「瀬戸内少年野球団」「獄門島」
「男はつらいよ」「機関車先生」etc
 最近はあちこちに橋が開通して、島独特のひなびた雰囲気は薄れていき、一部の島を除いて極度の過疎化が社会問題になってます。同島もロケ地となりました。

 私を犬島へと導いたのはキーワード2が大きかったですね。事前に情報収集のために、書店のるるぶ等のガイドブックやネット上のHPやブログを参考にさせていただきました。しかしどれも私を満足させるものは見当たりませんでした(えらそうにゴメンなさい)。
 それならば自分の目で確認し、犬島を少しでも多くの方にご紹介する機会を設けないという思いというか使命(ちょっと大袈裟)にかられましたこれから犬島に足を運ばれる方々の道標の一助になれば幸いです。

 犬島は岡山県東部の瀬戸内海に浮かぶ離島です。犬島の大きな歴史の転機となったのは1909年に銅の精錬所が開設されたことにはじまります。それまで岡山県倉敷市帯江(おかやまけんくらしきしおびえ)にあった銅鉱山の精錬所が移転してきました。当時岡山県は日本有数の銅の産出県でした。
 
 銅の精錬には、公害がつきものなの(足尾鉱毒事件はご存知かと)で大抵は山深いところにあるのですが、帯江鉱山は倉敷市郊外にあったため周辺住民に多大の被害がでていたそうです。

 犬島は周囲3kmほどの小島ですが、最盛期は3000人ほどいたそうです。

犬島の沖に浮かぶ犬の島の島影が犬に似ているのが島名の由来です。

さて、犬島へのアクセスですが、直島(なおしま)からの便もございますが、定期便は岡山市の宝伝(ほうでん)港からです。

 岡山市東区宝伝(おかやましひがしくほうでん)

宝伝港は瀬戸内海にありがちな海沿い以外は山に囲まれたわずかな平地に開けた小さな港町です。犬島への旅はこのちいさな港からの旅立ちとなります。

 Img_0105

 
 
 

|

« 真庭の旅-13 床の間 そして次章へ | トップページ | 小さな連絡船 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

岡山県」カテゴリの記事

歴史的建造物」カテゴリの記事

コメント

とても興味深いです。
この先がとても楽しみです。。

瀬戸内海って独特の雰囲気ありますね。

投稿: yume | 2010年9月28日 (火) 17時52分

yumeさんへ、瀬戸内海の風景って一言では言い表せない色んな顔があります。

投稿: うてきなぷりぱ | 2010年9月28日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真庭の旅-13 床の間 そして次章へ | トップページ | 小さな連絡船 »