« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

犬島33景 8.9.10

Img_0145


Img_0146


Img_0149


| | コメント (0)
|

犬島33景5.6.7

Img_0142

Img_0144

Img_0153 

| | コメント (0)
|

犬島33景-4

犬も歩けば棒に当たる  とにかく1歩ふみだせばなにか幸運にでくわすかもしれません


 

 Img_0142


| | コメント (0)
|

犬島33景-3 

犬島はドラマや映画のロケ地の舞台となりました。そのひとつが石原プロの西部警察です。

 Img_0141


| | コメント (2)
|

犬島三十三景-2

犬島は1969年に岡山市に編入。現在市内唯一の有人島です。当時は190戸750人でした。

 Img_0143

| | コメント (0)
|

犬島33景-1

Img_0130

上部が崩れた、全体的にひびが入った煙突。あえて保存したのは、、、

| | コメント (0)
|

古代遺跡のような

古代遺跡のような、、行った事はないけれど、テレビ番組とかで見た、あの記憶を呼び覚ますような、そんな犬島でした。

 Img_0126

Img_0132

| | コメント (2)
|

犬島発大坂城ゆき

ここで掘り出された石は大阪城の石垣として供出されました。その後放置されていた石を有効活用してモニュメントができました。

 

Img_0148

犬島の石は、大坂城以外にも、江戸城、岡山城の石垣にも利用されてます。

 工作機械が無い時代にどうやって石を切り出して大坂まで運んだのか疑問です。先人の苦労がしのばれます。

Img_0171

| | コメント (0)
|

時空への入口

Img_0114


犬島アートプロジェクトはこの門から有料となります。この先は100年前の時空の入口のように私には感じられました。

| | コメント (0)
|

潮風にふれながら、石の道

犬島チケットセンターから精錬所への道のりは潮風を体にうけながらの散歩道です。

整然と並ぶ石のモニュメントは、歴史の香りがします。

Img_0109

それは、この石たちの生い立ちを知ることから始まります。

 
Img_0110


| | コメント (4)
|

犬島上陸

10数分の航海を経て、犬島上陸です。犬島へは自動車はもちろんですが、自転車での上陸もできませんのでご注意ください。犬島へ渡ればその理由がわかります。

 さて港から右手が犬島の集落、左手に茶色い建物(チケットセンター)がございます。まずここに立ち寄りましょう。港から徒歩数分です。

Img_0108

ここで情報収集と精錬所のチケットを購入します。


|
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »