« こんな街灯 | トップページ | 畏天敬人 »

大坂の堀

阪神高速環状1号線の工事の際に埋立られたのが旧横堀川です。江戸時代物資の輸送のため中之島のある土佐堀川より道頓堀(どうとんぼり)を結んでいました。その支流として、北から江戸堀、京町堀、阿波堀、立売堀、長堀、堀江川、そして道頓堀と続きます。

 寛永3年は西暦で1626年徳川家光さんの時代です。1619年に大坂は幕府の直轄地になり大坂町奉行(民政担当) 大坂城代(大名担当)が置かれました。

 Img_0545


|

« こんな街灯 | トップページ | 畏天敬人 »

歴史」カテゴリの記事

大阪府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな街灯 | トップページ | 畏天敬人 »