« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

浜大津遊歩

Img_0783


 浜大津 ウォーターフロントはまだ発展途上といったところでしょうか

Img_0784


| | コメント (2)
|

京阪石山坂本線

Img_0780

旧大津公会堂。ぜひ内部ものぞいてみたいですね。近代的な建造物に混じってひときわ目立つ昭和9年うまれの文化財的価値のある建物です。

 
 Img_0782


| | コメント (2)
|

大津市の市木 市花 市鳥

浜大津駅の歩道橋の近くにあった案内板です。大津市の市木 叡山すみれ 市木 山桜 市鳥のゆりかもめ が描かれてます。詳しくは大津市の公式HPを見ていただくとして、三井寺、曳山展示館、琵琶湖疏水、まちなみ博物館通り、多くの宿題を残しつつ先を急ぐ私です。
Img_0781


| | コメント (2)
|

浜大津

Img_0779


かつての大津駅がここ浜大津です。

| | コメント (2)
|

いざ浜大津

Img_0775


Img_0777


Img_0771


| | コメント (0)
|

大津walk-2

Img_0772


Img_0773


Img_0774


| | コメント (2)
|

旧東海道を歩いてみた

旧東海道を歩くのは、草津宿以来です。
Img_0770


電柱を地下に埋めるともっと風情のある通りになるでしょうね。

Img_0771


Img_0772


Img_0773


|
|

大津WALK

木曽義仲(きそよしなか)さんの愛妾がこんな悲劇にあっていたのは初耳です。
「木曽殿を 慕い山吹 散りにけり」 時間の都合で義仲寺は宿題としました。

Img_0765

グーグル地図を見る限り東浦言う地名は見当たらなかった。ネットで調べると昭和40年に京町4丁目に変更とありました。ちなみの大津駅は春日町にございます。

 
Img_0766


Img_0769

京町という地名は比較的新しい地名なのでしょうか。


Img_0768


信楽焼の狸。広島ではあまりみかけないないような気がします。全国区と思っていたのですが。それにして信楽(しがらき)というのは難読地名ですね。もともとは紫香楽と表記していたものを後の世になって信楽という漢字にあててしまったからと思われる。

| | コメント (0)
|

NEXT 大津

これやこの♪ はい!!と思わずてが出た方はかなりの百人一首の達人ですね。
続き読みます。「行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」
この逢坂山トンネルを抜けると近江国大津です。かつての難所も今はJRで数分で駆け抜けます。
蝉丸神社は宿題となっております。
 Img_0759_2


前日の雪がうっすら残る大津駅を前回訪れたのはまだ国鉄時代でした。でも当時の面影そのままだったので、故郷に帰ってきたような気分です。

 Img_0760_2

 まずは駅前で恒例のマンホールチェック! 琵琶湖をあしらったこんな綺麗な路傍の芸術品にあえてとても嬉しいです。

 
Img_0767_2

駅前にあったこの小さな看板にふと立ち止まる私がいました。 続く

 
Img_0764_2


| | コメント (3)
|

大阪水道記念館

大阪水道記念館はJR京都線の新大阪駅の手前の淀川の鉄橋を渡ったところにあります。以前からこの煉瓦造りの建物は何だろうと気になってました。

アクセスは地下鉄御堂筋線西中島南方駅、阪急京都線南方駅、千里線柴島駅から徒歩10分くらいです。

明治時代のこの建物も立派ですが、ここは水族館という側面もあるユニークな施設です。中の展示内容は大阪市水道局HPを参考にしていただくとして、これだけの内容で入場無料というのはすばらしいことですが、これだけの施設を維持していくために昨今の政府や自治体の事業仕分けと考慮すると、数百円程度の入場料は必要かもしれません。

Img_0622


Img_0624


| | コメント (2)
|

全国で4番目

大阪市に近代水道が建設されたのは、横浜、長崎、函館といった当時の貿易港に次いで4番目です。江戸時代は天下の台所と呼ばれた商都大阪、川が市内を縦横に張り巡らされいた水の都ですが、井戸水や河川の水質は良くなく、伝染病や大火の原因となり、首都東京より先に導入されました。

Img_0612


| | コメント (0)
|

早朝なので

私自身2軒目のヴォーリズ建築は大阪市の大丸心斎橋店です。
早朝なので店内は拝見できず次回の宿題です。

Img_0562


Img_0576


| | コメント (2)
|

喞筒

Img_0621

送水喞筒場  これが読めればかなりの水道通かもしれません。そうすいそくとうじょうと読みます。

喞筒はポンプの漢字表記です。

| | コメント (0)
|

津山高校旧本館の細部にこだわってみました

岡山県立津山高校旧本館ですが、同校の公式HPを参考に細部にこだわってみました。もし間違いがあれば、ご指摘頂ければ幸いです。

 Img_0887


Img_0899


| | コメント (2)
|

重要文化財の学び舎 3つ巴

重要文化財の学び舎三巴です。全部わかった方はかなりの学舎通です。
まずは現役最古の木造校舎、吹屋小学校です。残念ながら生徒数激減のため来春の閉校が決まりました。保存が決定してますので、ぜひ再訪して中を拝見したいものです。(岡山県重要文化財)


956_4


真庭市にございます、旧遷喬尋常小学校です。(国重要文化財)学び舎としての使命は終えましたが市の施設として活用されています。

 Img_0022_2


最後は今回ご紹介します岡山県立津山高等学校旧本館です。(国重要文化財)今も現役の学び舎です。詳細は後日

 

Img_0887_3


| | コメント (2)
|

畏天敬人

1/3になりましたが、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。年頭にあたって今年の当ブログのテーマを発表いたします。畏天敬人(いてんけいじん)と読みます。これはある学校の校訓なのですが、OB、OGの方々以外で、ご存知の方は相当の重要文化財通と思われます。

天を畏(おそ)れて人を敬(うやま)う」 学校の公式HPによりますと、謙虚に学び周りの人を大切にするとありました。

当ブログは今年も、よく学び、地球にも人にも優しいブログを目指して頑張ります。

 Img_0888


| | コメント (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »