« 網干ひとり歩き 序章 | トップページ | 勇者の雄叫び »

ダイセル異人館

♪ 青い目をしたお人形はアメリカ生まれのセルロイド♪ そういえば合成樹脂のセルロイド、あまり聞くこともないですね。それもそのはず、可燃性の高さのせいでほとんど生産されてないようです。

そのセルロイドの工場として誕生したのが大日本セルロイド(現在のダイセルです。)

かつて港町として栄えたこの地に網干工場が建設されました。明治維新から40年あまり、外国の技術を取り入れようと、民間企業にも多くの外国の技術者、所謂「おかかえ外国人」が迎えられました。

その人々の住居が残されています。それが、ダイセル異人館です。

 Img_0696


 当時は平成になった現在でも工場のある姫路市網干区新在家(あぼしくしんざいけ)地区は昭和の香りのする建造物が多く残ってますので、この異人館は相当珍しいものだったと思われます。

 Img_0702
壁の緑の色彩がとても眩しく感じます。


Img_0707


Img_0705


Img_0710


平日(工場稼働日)は内部公開されてます、仕事がらなかなか難しいですが、機会があれば拝見したいものです。

|

« 網干ひとり歩き 序章 | トップページ | 勇者の雄叫び »

鉄道」カテゴリの記事

兵庫県」カテゴリの記事

歴史的建造物」カテゴリの記事

コメント

セルロイドの筆箱、セルロイドのお人形。
者心つき始めた頃にプラスチックだのビニールだのが出てきたので記憶は薄いのですが、セルロイドって重みと暖かさがありました。

網干駅の近くにあるのでしょうか?

投稿: yume | 2011年3月 5日 (土) 16時01分

yumeさんへ、山陽電鉄網干駅より徒歩だと20-30分くらいでしょうか、途中の新在家の町並みをセットすれば2時間くらい必要でしょう。JR網干駅からでしたら車で20分くらいかかりますのでご注意ください。

投稿: うてきなぷりぱ | 2011年3月 6日 (日) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 網干ひとり歩き 序章 | トップページ | 勇者の雄叫び »