« いざ!東寺へ | トップページ | 網干ひとり歩き 序章 »

東寺観察

京都の寺社といえば、広島では修学旅行で行くところというイメージがあります。西なら北九州、東なら京都が定番ですね。でもコースのなかにはここ東寺は無く、清水寺、金閣寺、二条城等が定番ですね。


ここは五重塔の1階(初層部)です。中央の板扉、左右の連子(れんじ)窓が和様という建築様式になります。
複雑な木材の組み合わせは現在では、再現はかなり困難とのことです。


Img_0824_2


Img_0823


教王護国寺(きょうおうごこくじ)は徳川家光さんの命で再建された5代目の建物で高さ55mは日本一の仏塔です。軒先が隅で反り上がる規矩術(きくじゅつ)は、この角度からみると確認できます。

|

« いざ!東寺へ | トップページ | 網干ひとり歩き 序章 »

寺社仏閣」カテゴリの記事

歴史的建造物」カテゴリの記事

京都府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざ!東寺へ | トップページ | 網干ひとり歩き 序章 »