« 2012年2月 | トップページ | 2012年8月 »

ひさご弁当

弁当といえば親しみ深いのは、コンビニ弁当やほっともっとさんに代表される単価も手頃な弁当のラインナップですね。プラスチックの容器に詰められて味気ないという色んなご意見はあろうかと思いますが、TPOにあわせて、また場所を選ばず気軽に腹ごなしが可能な弁当というのとても便利な文化かなと感じます。

 さてコンビニ弁当の容器は味気ないと申しましたが、日本には色んな弁当箱文化が存在します。そのひとつが瓢(ひさご)です。瓢は瓢箪(ひょうたん)のこと、瓢箪の中身をくりぬいて乾燥させて弁当箱に加工したものです。先人たちは身の回りにあるものを活用して日々の生活を豊かにしてきたのですね。

 岡山県久米の里のガンダム 続きです。

Img_2853

| | コメント (2)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年8月 »