« 呉グルメ&RUN シーズン1 | トップページ | 呉グルメ&RUN シーズン3 »

 呉グルメ&RUN シーズン2

  いよいよ音戸大橋を渡ります。車ではあっという間に通りすぎる距離ですが、実際にRUNしてみると、その高さを実感できます。いつものコースのはつかいち大橋も海をまたいでますが比較にならない高さです。高所恐怖症の私はなるべく下を見ないように走りました。

 Img_4600

 橋を渡ったところにある展望台から 江田島市をのぞみます。

 

Img_4603

 このまま、バイパスをくだって音戸の市街地を行くのは、次回の宿題にしておいて、今回は呉の代名詞である、急な坂道を下ることにしました。

 音戸の街をRUN 多くの船舶がこの狭い音戸の瀬戸を行き来します。 

Img_4608

音戸の街は瀬戸内の港町特有の細い路地が入り組んだ町並みをRUN。

 写真手前の町家はカフェになってます。

Img_4610

 第二音戸大橋ができて、本土へのアクセスも随分便利になりましたが、橋が高い位置にあるので、どうしても迂回するようになりますので、まだ渡船が健在なんです。

 

Img_4612

サイクリングの人も渡船を利用します。

 

Img_4611

 

Img_4613 

Img_4615

 渡船は朝5:30から21:00まで運行 時刻表がなくお客さんが」いれば運行します。料金70円 尾道の渡船のように車は運べませんし、大阪の天保山の渡船のように無料ではありませんが、2分ほどで着いてはしまいますが、潮流が速く、多くの船が行き来するところを手練れの舵さばきで操舵する姿は感動します。

  1. Img_4616

船は2漕あって、船頭さんも2人おられるようですが、ともにご高齢の御様子、後継者はおられるのでしょうか、ふとセンチメンタルな気持ちになりました。

|

« 呉グルメ&RUN シーズン1 | トップページ | 呉グルメ&RUN シーズン3 »

広島県」カテゴリの記事

RUNNING」カテゴリの記事

コメント

音戸大橋は前回の写真ではかわいいおもちゃのようにみえましたが
橋からの絶景、綺麗ですね。そしてスリリング!
私も高所恐怖症なので腰が引けてしまいそうです

渡し船、なかなか風情があっていいですね
手書きの料金表も味がありますし・・・(*^。^*)

こんな素敵なRUNコース。
やっぱり事前に地図などで下調べしているんでしょうか


投稿: みおた | 2015年3月17日 (火) 23時33分

みおたさん、車ではあっという間に通りすぎてしまう音戸大橋ですが、実際に走ってみると、その印象が異なります。迫力が違います。
 ランニングコースは地図でしらべて、なるべく事前に車で実走して、歩道の有無、安全性、コンビニや自販機があるかどうか、それと一番重要なのが、ランナーがいるかどうかです。サイクリングしている人がいるかも重要なポイントです。今回も次回走るコースの下見もしてきましたよ。

投稿: うてきなぷりぱ | 2015年3月18日 (水) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呉グルメ&RUN シーズン1 | トップページ | 呉グルメ&RUN シーズン3 »