« ランニングの悩み-2 | トップページ | 中華丼RUN »

体骨格筋率

 体脂肪の数値が高いのは、悩みの種ですが、にも関わらず夕食前に体組成計に

のると、実年齢より15歳若く測定されることもあります。
 それをささえているのが体骨格筋率です。オムロンさんのHPからの引用です。
骨格筋とは運動して増やせる筋肉のことで、筋肉全体の約40%を占めています。この骨格筋が増える(骨格筋率が高くなる)と、運動で消費するカロリーが増え、基礎代謝量もアップするため、運動していないときでもカロリーを消費しやすい体に、言い換えれば「体脂肪が燃えやすい」カラダになります
 この運動こそがランニングです。体脂肪の燃えはいまいちですが、骨格筋率が平均値
を超えているのが、実年齢より若くなっている原動力になってます。
 だが世間の目は厳しく、実年齢より高く見られることが多いです。電車に乗っている
時にどうみても自分より年配の方に席を譲られた際は、その親切心を正直に喜べない
自分がそこにいました。
 ですんで日常生活においても最低でも実年齢くらいに見てもらえるためにも
ランニングは続けたいというか、やめる理由が見当たりません。
 Img_5022
 

|

« ランニングの悩み-2 | トップページ | 中華丼RUN »

RUNNING」カテゴリの記事

コメント

体脂肪率や筋肉量は測ってますが体骨格筋率というのは
知りませんでした。
運動によって増やせる筋肉ですか・・
15歳も実年齢より若い体骨格筋とはスバラシイ!!
走ることを楽しんで、その上、そんなご褒美まであるなんて
もう走りつづけるしかないですね(*^^)v

私も体骨格筋率が測れる体組成計が欲しくなりました

投稿: みおた | 2015年4月23日 (木) 22時04分

みおたさん、昨今の体重計、いや体組成計はとてもハイテクです。
家電量販店やドラッグストアーで¥3000くらいかあります。
個人的にはオムロンやタニタといった医療機器メーカーのもの
が高機能でおすすめです。

投稿: うてきなぷりぱ | 2015年4月23日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランニングの悩み-2 | トップページ | 中華丼RUN »