« うれしい たのしい 大好きRUN IN IWAKUNI  | トップページ | 今、あなたのうえに現れている能力は氷山の一角RUN in i岩国 »

転がる石に苔ははえぬ IN 岩国

 昨日、ラン友との初ランの予定だったが、約束の時間が過ぎても現れないRUN友君。

ケータイ忘れたので連絡も取れず。仕方ないので30分待つことに。
 私は心が狭いのか、時間にルーズな人はどうしても許せない性分なんです。
約束の10分前にはここに着いていたので正味40分待ったことになる。ここまでの距離
は明らかに私の方が遠いし、時間と場所を決めたのもRUN友君のほうだし。
 怒りを抑えつつ一人でランスタート。8km走って、自宅に帰り、ケータイかけてみた
やはり寝坊で、1時間の大遅刻、仕事だったらシャレにならんよ、ラン友君。
 そのあとの彼の一言に怒りはMAXに、「RUN楽しみにしてたんですよ」
「あほ、ぼけ、なめとんか」そんなら寝坊するな ぼけ!俺はあんたの何倍も楽しみ
しとったんじゃ。(下品な言葉づかいお許しください。)
 
 気分を取り直して岩国ランの続き
Img_5747
 
奥に見える林が前述の江戸時代のクスです。400年近くも風雨に耐えてきた。
私もここは大人の対応しなければいけないのかな
 水遊びする子供と一緒に戯れたかったけどまだ先は長いので、あきらめる。
道に迷いながらも錦帯橋に到着。どうにも我慢できず河原におりで、暫し
水遊び。錦川の水はきれいでとてもつめたかった。
 
Img_5750
  川の石を拾ってみた。ここは下流域なので、石という石はすべて角がとれて
丸みをおびてました。激流にもまれてここまで辿りついたのだろう。
どこか人生ににている。私にはこの転がる石のような丸みはないかもしれない
些細なことでいらいらしたり、まだまだ修行が足らんようだ。
 「転がる石には苔がはえない」 これってランに似ているような気がします。
走ることをやめなければ、衰えることはないことを。
 Img_5752 道に迷いながらもどうにか錦帯橋に到着。上機嫌の私です。
 錦帯橋も江戸の世からな何度も洪水の被害の度に架け替えられ
今に至ってます。この橋脚。迫力あります。やはり修行がたりないうてきなです。
 Img_5754

|

« うれしい たのしい 大好きRUN IN IWAKUNI  | トップページ | 今、あなたのうえに現れている能力は氷山の一角RUN in i岩国 »

コメント

あらら、RUN友さん寝坊しちゃいましたか(^_^;)
初ジョイントかなわず残念でしたね

昨日の写真のクスは遠くからも見えるのですね
このあたりの主といった感じでしょうか
錦帯橋。下から見るとかなりの迫力!
うてきなさんでも動かすことはできなさそうですね(*^。^*)

走る事をやめなければ・・・
いつまで続けられるかわからないけど
長く走り続けたいものですね\(^o^)/

投稿: みおた | 2015年7月14日 (火) 07時30分

みおたさん、ラン友とのジョイントも不発に終わってしまいました。まさかの
寝坊。世の中うまくいきません。次のランはいつのことやら。
 クスの大群は遠くからも見ることができます。長年の風雪に耐えて
まさに土地の主の貫録です。
 錦帯橋は河原からの眺めがおすすめなんです。迫力が違います。
着くしさ堪能するなら、渡るのもよし、岩国城や、はなれたところから見るのが
おすすめです。
 私も転がる石のように頑張ります。

投稿: うてきなぷりぱ | 2015年7月15日 (水) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うれしい たのしい 大好きRUN IN IWAKUNI  | トップページ | 今、あなたのうえに現れている能力は氷山の一角RUN in i岩国 »