« RUNOFFの過ごし方-2 | トップページ | ランストップタイミング »

正解は一つではない

昨日12月になって、2回目の平日の夜RUN。昨年の今頃はサンタさんに買って

貰った新しいシューズにすっかりはまってしまい毎日のように走ってましたね。
 何故かその時は有酸素運動は30分くらい続けてやらないと効果がないという
「ほんまでっかTV」的な説を信じて実行していたのですが、どうもしっくりこない
水曜日くらいになると30分のランもきつくなってきて、気が付いたら短い時間内
でしか走れなくなっていました。確かにこの頃はランを始めて半年余りで、走力
もそれほど無かったせいもあったかもしれません。
 そんな調子で春先まで続けてから、なんとなく自分の走力がわかるようになって
走る回数を減らして、休脚日を作るようにすると、少しづつですが、長い距離を
走れるようになりました。近所の周回コースを飛び出してより遠くへと、バリエーション
も増えて、よりランニングが楽しくなってきました。以前は休脚日開けは、体が重かった
ですが、今では少々のブランクは問題ないようです。
 有酸素運動も30分やるのも10分を休憩を入れながら3回やっても効果は変わらない
という説もあるようです。よく効く薬に副作用が多いように、有酸素運動もたくさんやった
からといって即効性があるわけではないようです。とにかく自分のライフスタイルに応じて
自分なりの正解を模索すればいいのかなと思います。体力差は人それぞれで雲泥の差
がありますので、正解は1つではなく、ランナーの数だけ正解があると思いますね。
私の正解は、他の方には不正解かもしれません。もし正解があるとすれば、その人の
ランニングライフにフィットしているかどうかでしょうね。
 かくゆう私はといえば、マラニックを優先したいので、平日RUNは控えめにして、休日最優先にしたいですね。これからの目標は、走行距離をもう少し伸ばしたいのと、広島の
道という道に私の轍を刻みたいですね。
 
Img_0632
 おなかさえ冷やさなければ、薄着はエネルギーを消費するので、健康には良いそうです。もちろん十分に体をあっためてから薄着になります。もう少し寒くなると、ランシャツ
を重ね着するか、半袖で通したいですね。もちろんランパンは今年もマストアイテムです。
今日も半袖、短パンのランナー(30代くらいの男性)と遭遇し勇気をもらいましたよ。
Img_0636

|

« RUNOFFの過ごし方-2 | トップページ | ランストップタイミング »

RUNNING」カテゴリの記事

コメント

試行錯誤しながら走行距離も長くなってきたのですね
いろいろ試しながら走る距離を伸ばそうとしていた頃を
私も懐かしく思いだしました

うてきなさんは、走行距離を伸ばしていくにあたって
ストップのポイントというか・・・どこが辛くなってRUN終了でしたか?
息が苦しくてとか、ふくらはぎが疲れてとか?
腕振りで肩がこってとか?

私の場合は去年の今頃は膝が痛かったので膝次第でした。
他のみなさんはどうなのかな・・・・とふと気になったもので

投稿: みおた | 2015年12月17日 (木) 02時19分

みおたさん、私もみなさんがどうされているのか興味津津です。
私の場合は、脚の調子ですね。上半身の推進力とか、体幹を
うまく利用したランができてないので、すぐに脚に疲労がきます。
 その克服が今後の目標ですね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2015年12月17日 (木) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RUNOFFの過ごし方-2 | トップページ | ランストップタイミング »