« 台湾ラーメンRUN | トップページ | 1月の振り返り »

草津歴史RUN

JR西日本広島駅から宮島方面の3駅目にしんいのくち(新井口)という駅があります。

30年ほど前に出来た駅なんですが、駅名候補にしんくさつ(新草津)というのが上がって
ました。駅がある場所の地名にちなんだものですが、草津といえば、ばばんばばんばんばん
で有名な群馬県の名湯草津温泉、同じJR西日本管内に草津駅(滋賀県草津市)があったので両者に遠慮して駅から少しはなれたいのくちという地名をとって現在の駅名になってます。
 とはいっても1000年前から港町として栄えてますので、山陽鉄道時代に駅を作って
おくべきだったかも。
 
Img_1210
 私がランニングしているところは江戸時代までは海だったところ、昭和にはいってから埋め立てられました。自然景観が失われるのは非常に遺憾ではありますが、広島は平野が少なくやむを得ない選択かと思います。そこで建てられたのがこの石碑です。
「ぎょかいもるいくようひ(魚貝藻類供養碑)とあります。埋め立てたことに後ろめたさが
あったのかもしれません。魚貝だけてなく、わかめや海苔といった藻類にまで供養しているのがすごいですね。
 嘗(かつ)てのがんぎ(雁木)跡。船から港に荷卸しする場所です。最近ではほとんど見ることはできませんね、
Img_1194
Img_1195
 この公園は春は桜の名所なんですが、なぜかこの日結婚式の前撮り写真?を撮ってました。
Img_1206
 確かに緑豊かですが、何故?花嫁さんにとっては思い出の場所なんでしょうね、末永くお幸せにと、つぶやく私。
 今日は昨日の反省から半袖でRUN。おてんとうさんは雲に隠れがち、シャイなのかもしれない。公園の周回コースをRUN。
 
Img_1199
 梅も咲いてます。
 
Img_1197
 続く
 

|

« 台湾ラーメンRUN | トップページ | 1月の振り返り »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

広島県」カテゴリの記事

RUNNING」カテゴリの記事

薄着RUN」カテゴリの記事

コメント

歴史もあり、埋立地とは思えない風情ですね

結婚式の前撮り、大阪城でも時々見かけます
最初見た時はびっくりしたけど新郎新婦さん達の
想い出の場所だったりするのでしょうね~

ところで、半袖でも充分薄着ですが
うてきなさん的には袖があるだけでも
だいぶ違うのでしょうか・・・
ランパン生脚は健在ですね\(^o^)/

投稿: みおた | 2016年2月 1日 (月) 00時37分

みおたさん、お疲れ様です。袖があるだけで全然違いますよ。
この日は半袖でちょうどいい感じでした。
 花嫁さんも寒いのに屋外撮影大変そうでした、でもテンション
上がったようなので寒くはなかったかもしれません。

投稿: うてきなぷりぱ | 2016年2月 1日 (月) 21時37分

草津はお隣の市で、「草津」と聞けばお隣かと思ってしまうもの。。 よーく聞けば 草津温泉の事。。 そうそう 滋賀の草津がそんなメジャーなわけないやん。。と 反省(笑)
滋賀の草津、子供の頃は田舎でした。特に何もないところ。
それが今はどうでしょ。駅前は勿論賑やかになり、大学もあり、学生の町 若者の町、新興住宅街もいっぱい。。

町は月日の流れとともに変わりますね。

投稿: yume | 2016年2月 1日 (月) 21時55分

yumeさん、お疲れ様です。草津は東海道53次の宿場町。一旦
さびれてしまったのかもしれませんが」、今は新たな発展を
遂げているのですね。

投稿: うてきなぷりぱ | 2016年2月 1日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾ラーメンRUN | トップページ | 1月の振り返り »