« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

麻婆茄子リベンジRUN

この日のRUN食は「麻婆茄子弁当」(あじなキッチン)

中身はチャーハン、マーボー茄子、海老のチリソース、箸休めの大根の
酢漬け。
Img_2686
チャーハンは卵、豚バラ肉、白ネギだけというシンプルなもの。定番
の焼き豚、ニンジン、玉ねぎは入ってなかった。お弁当のチャーハンは
時間がたつと油が酸化していやなにおいがしたりするのだが、いい油
を使用しているのかそれは感じられず、玉ねぎを使用してないせいか
水っぽさもなかった。バラ肉も大きめに切っていたので、香ばしさと
肉肉しさが感じられた。
Img_2687
海老のチリソースは小さな海老2匹にぷち辛いソースがかかっていた。
麻婆茄子は水っぽくなく、ジューシーで少し甘めの辛さを抑えたソース
でした。難を言えばひき肉がこまかすぎてパサつき感があったことかな。
Img_2690
恐るべし麻婆茄子の世界。
 その後昼寝と用事をすませて、夕方RUN。18:00すぎてもまだ明るい。
港1周コースはルートの約40%が街灯なしなので日没が遅い今の時期
に向いている。運がよければ夕焼け小焼けもみれるかも。
Img_2691
この土手道は100%港オーシャンビューーー。道幅が広いので、まれに
バイクや車の往来があるので注意。
コース内には公衆トイレ3か所、自販機2か所、スーパー ドラッグストア、
ホームセンター、コンビニが各1箇所
Img_2692
そして何よりも、信号が2か所しかない。5周+αでフルマラソン気分が
味わえます。
 そんなかんなでセブンイレブンに途中下車して(迂回路でオーシャンビュー
ではないです。)
Img_2693
 フランクフルト食べながら暫しの休憩。
躑躅(つつじ)RUN!むずかしい漢字ですね。「てきちょく」と読みます。
なぜこの漢字があてられるようになったかは謎です。
Img_2701_2
このあと廿日市(はつかいち)大橋(高さ30m)を渡るころにはすっかり
日も落ちてました。
 今日のRUN振り返り
 6.32 6.40 7.10 6.05 6.21 8.57 9.06 6.19 8.24km 58:45
 
Img_2702
 Img_2703

| | コメント (0)
|

鶏のハラミだRUN

コンビニの焼き鳥を1本いただいてからの、夜ラン5km 32分

「ハラミの塩焼き鳥」、たれという選択肢もありましたがはらみは塩

がおいしいとのことなので。食べる前のちょいと豆知識、ハラミは

鶏の腹筋の部分、牛さんでいえばバラの部分に当たります。一羽

から取れる量は4g。やわらかくて歯切れがよく甘い香りとこくが特長。

(参考文献 焼肉完全攻略 ファミマドットコム)

¥120でこれだけの味なら大満足、Img_2705 次のランエイドもサークルケーサンクスに決まりだね。ぽんじりとかわりとマニアックな

部位とか豊富なランナップ。あと塩かたれが選択できます。ボリュームもあるし

これは全部食べつくさないといけんですね。ビールは泣く泣く封印してランニング

エイドに使わせていただきます。では食レポしておきますね。食感は皮に近いですが

もう少し歯ごたえがありました。皮ほど脂っぽくなくやわらかいもも肉といった感じです。

たれも悪くないと思いますので、今度チャレンジしてみますね。Img_2708

 

| | コメント (2)
|

サタディーラン

 ローアングル撮影会終了後、ランニングスタートです。いつも朝食は

控えめなので空腹ですが、まあいいっか。今回のコースは王道をいけば
信号の雨あられなんですが、パズルのようにプランすれば、20kmくらいだったら
信号なしのコースも可能です。
 でもこの日は午後からの予定も考慮して10kmにしました。コースの70%が
リバーサイド。ほぼまっすぐの平坦なコース。住宅地からも離れているので
人通りはほぼなく、時間帯によってはランナーさんともすれ違います。
たまに、いや超稀に美ジョガーさんとすれ違うとテンション上がります。
あとで、自分の浅はかさに反省するのですが、美ジョガーさんに勝るもの
なしです。美ジョガーさんが、昨今のマラソンブームを牽引してるといっても
過言ではないです。
Img_2652
 この日のエイドはメキシカンチキントルティーヤです。前回のマラニックはチーズ+ソーセージのトルティーヤでしたがそれに比べるとちょっと軽いかな、ハラペーニョのワイルドだろ(ちょいと古い)を予想していたのですが
Img_2658
原材料みると辛口成分入ってないです。チキンもあっさりしてるし。
やはりチーズのほうが、RUN後にはがつーーんとくるかもしれません。
 RUN後は塩分を欲してるのでそれに見合った選択も必要かも。やはりチーーズかな。
Img_2659
でもRUN後はなんでもおいしく感じるので、公正な味の判断が難しいですね。
 もう1品はたこ天です。宮島に行くと揚げたてを食べることはできます、
でもこれは予想外の味でした。魚のすり身じゃなくて、小麦粉、いわゆる
お好み焼きの風味でした。どうりで¥100だった。
Img_2660
あっさり味はRUN後のおなかにはやさしいかもしれない。タコは風味だけで
ほとんど入っていなかった、キャベツの食感だけが余韻として残った。
 
Img_2661〆は広島名物「チチヤスのみるくコーヒー」。コーヒー牛乳をちょっと
だけおしゃれにした感じかな。昔のUCCの缶コーヒーのような風味が
なんとなく近いかな。こういう甘ったるいのはRUN後にはありがたい。
Img_2662
広島以外ではほぼないと思いますので、飲んでみたいと思ったらぜひ
広島RUNしてくださいね。Img_2664
おなかも満足したので、昼寝しよう。

 

| | コメント (2)
|

アイランドマラニック 最終章

この海岸は前回のマラニックは悪天候だったので、スルーしたとこなので

降りてみることにする。
 
Img_2416
それにしてもアイランドマラニック、切串 小用の港周辺は人通りも車の往来も
それなりにあるが、島の南側は住宅もまばらなので、車はもちろん人通りも
ほぼないです。貸切のランニングコース?ですね。
 
Img_2417
 写真ではわかりずらいのですが、かなりのごみが海岸に散乱してます。
なるべくごみの少ないところを狙って撮ってます。
 
Img_2418
 おっとこんなところで油を売ってる場合ではないです。船に乗り遅れるぞ。
港の手前のカーブを過ぎるともう船は接岸してました、あと2分、この日最速
RUNで1分前になんとか船にダッシュ!なんとか間に合った次第です。Img_2419_2 次の船は1時間以上あとなのです。
 気が付いたらランシャツランパンで乗船してました。やはり走ってないと
ランシャツランパン姿はただの露出癖のおっさんでしかないようです。
 30分くらいの船旅なのでそのままでいましたよ。
Img_2423
広島港に着いてから、朝買ってた1個40円 3つで110円のミニクロワッサンを食べる。
ドリンクは広島名物チチヤスの乳酸菌ソーダです。
 マラニックにはこういう一口サイズのパンはうれしいですね。次回のマラニックは
広島港名物の「カツサンド」参戦予定です。
この日は21kmRUNでしたよ。
 

| | コメント (4)
|

ビューポイントだラン

Img_2402

 広島では「しまなみ海道」がサイクリングの聖地と言われてますが、ランニング
の聖地ってあまり聞かないですね。あえてあげるとすれば皇居かな。Img_2407
 別の見方をすればマラソン大会が聖地なのかな。でも誰しもフルを完走できるわけでは
ない。どんなランナーさんでもここを走ったんだといえる思い出に残るようなコースがあればいいのですが。どうでしょう。
 
Img_2403
 マラソンとは別に、市民ランナーなら一度は走ってみたいと思えるような聖地が
もっとあってもいいような気がします。その意味では江田島、能美 似島、の
広島の島はサイクリングだけでなくランナーの集まるスポットになってほしいなあ。
 いまだかつて島でランナーに遭遇したのは2回だけ。さびしいですImg_2405 「牡蠣マラソン」「みかんマラソン」とか開かれているのに残念です。島内はエイドは少ないけど、信号、車、人通り少ないし
基本オーシャンビューだし。これからも何度もマラニックしますので、ひとりでも多くの
ランナーさんが来島してほしいですね。Img_2404  

| | コメント (1)
|

江田島青少年交流の家だラン

宮の原から西へ向かう、

Img_2392
国立江田島青少年交流の家に到着、前回は切串港から逆回りでここへやってきました。
曇り空で風も強くコンディションも良くなかったですが、今日は晴天、期待がもてます。
 前回はスルーしたのでここで暫し休憩。
Img_2393
子供の頃の合宿なつかしいな、記憶に残っているのは、書写山(姫路)、明石公園
閑谷学校(岡山)、等。みんなと一緒に食べた、カレーライス、極限までうすくしたとんかつ
等。広大な駐車場にはバスが1台だけ、かつては大いににぎわったというが、今は
利用者は減少傾向とのこと。Img_2394
 少子化、レジャーの多様化、色んな要因はあろうかと思いますが、専用のビーチとかも
あるとのことなので、なんとかにぎわいを取り戻してほしいものです。
 Img_2395

| | コメント (2)
|

小用から宮ノ原まで

小用(こよう)の港です。Img_2378 港はどこも整備されていて、広い駐車場は当たり前です。

Img_2380
 気が付けばお昼になったので、コンビニという名のエイドを目指します。
それには急坂を超えないといけません。
Img_2382

 ようやくセブンイレブンに到着。この先商店はないので(自販機はあり)食糧調達
Img_2384
弁当、惣菜パンとはかはほぼ売り切れていました。フランクフルトと、ブリトー(ハム&チーズ)を購入。坂を下ったかと思ったらまた坂。アイランドマラニックは坂との戦いかな
Img_2385
しばし走ったところに漁港を発見。防波堤でしまなみをみながらランチです。
Img_2389

| | コメント (2)
|

アイランドマラニック 江田島編 広島港から切串経由小用まで

広島港から出港するフェリーで最も所要時間の短い切串(きりくし)行きに乗船。

今回はマラニックコース内にコンビニがあるので定番のカツサンドは封印する。
 いつもは閑散とした船内ですが、気候が良くなってサイクリストが増えたせいか
いつもよりはにぎやかな船内でした。前回は切串港から西方面にマラニックして
半島の西半分を1周するコースでした。今日は東側からこの半島を1周するコース
です。
 東回りコースは小用(こよう)港までの約6km 道が細くトンネルが6つ続く難所
とのこと。サイクリングのガイドブックにはこちらのルートは推奨外になっていた。
 切串の市街地をぬけるといきなり坂の応酬、なんとかクリアすると、最初のトンネル
300mくらいで、照明もついているが、大型車との離合はむずかしそう。
 車に注意しながら、スローラン。車の往来はかなりすくないですが、あまりお勧め
できるコースではないかも。海はほとんど見えませんし。Img_2373_2
 なんとか6つのトンネルを超えてきましたよ
Img_2375
ここから先はオーシャンビューーーなんですが、造船関係の鉄工所等が立ち並ぶエリア
である意味殺風景でした。
Img_2377
 ようやく砂浜が見えたので降りてみようかと思ったのですが、なんとアサリの
放流中で立ち入り禁止でした。無断で立ち入ると罰金¥10000也
 諦めるしかない、、私の近所には潮干狩りができるところが何か所かあります。
ここ何十年もご無沙汰しているので、潮干狩りマラニックを企画しようかな、ランパン
はいて貝堀もいいかも。
 
Img_2376
 きれいな風景とは裏腹にここはすごい悪臭が漂います。それもそのはず、牡蠣殻の
捨て場なんです。ちょうどトラックが横付けして、大量に海に廃棄してました。
 殻にわずかに残った身を狙って、カラスなどの集まりますので、牡蠣殻に注意という
案内板もでてます。
 商店等が見えてくると小用(こよう)港到着。
Img_2379
 ちょうどお昼時、目的地のコンビニへあとわずかのはずでしたが    続く

| | コメント (2)
|

いつも心にランニング

 今日は社内行事でラン休ですが、22000歩走破。、仕事を終わらせて施錠して、先に退社した者に遅れること10分後、遅れを取り戻すために、スーツ姿でランすることに。 シューズはウォーキングタイプなので、走るには支障なし、結局、目的地手前で先発組に追いつく、遅れは挽回。でも誰も驚かないし、当たり前のよう?でもそのまま歩いていけば、10分遅れは必至だった。時間厳守がモットーの私は、とりあえず一安心。ランも生活の一部。必要に応じで引き出しを開けるだけ。

社内行事終了後は、自宅まで約4km徒歩にて帰宅。ラン休日の穴埋めはできたようだ。
 没写真3連発Img_23245 Img_2323_2 Img_1812

| | コメント (2)
|

アメリカンドッグだラン

Img_2370

アメリカンドックはスナックなのかお惣菜なのか、コンビニ行けばたいていあるし。スーパーののお惣菜売り場のコロッケの隣に鎮座してたりもする。お祭りに露店にも少なくはなったけど見かける。どちらにしてもどこかよそ行きの食べ物かな。ランチを食べてから7時間近く何も食べたないので、コンビニエイド、、フランクフルトをドーナツのような生地に巻いた
不思議な食べ物。私的にはお惣菜かな、、、
Img_2371
 昨日は雨でRUN休、明日は社内行事でRUN休。ですんで今日は30分のプチラン。
20℃越えゆえ、汗が心地良かったです。Img_2372

| | コメント (2)
|

ぶら下がり健康器だラン

 一時期、一世を風靡した感のあるぶらさがり健康器。

Img_1879_2
 テレビショッピングやじゃぱネットでも目にすることは少ないですが
ネットで検索すると、まだまだ健在のようです。
 こうやって体をだらんと伸ばす機会あまりないですよね。
 
Img_1880
 現代人はとにかく忙しい、暇さえあればスマホいじってるし。電車やバスにたまに
乗ると、寝てたり、なにもしてない人は皆無。もっとぼけーとする時間は必要だと思う
のですがいかがでしょうか。こうやってだらんと体を伸ばすと気持ちいいですよ、
Img_1881 私にとって携帯はあくまで通信の手段です。走るのが楽しいのは、すべてがアナログ
であることですね。時間に拘束されないランができるのが至福のひと時ですね。
Img_1882_2

| | コメント (4)
|

甘蕉ラン

 普段はほとんど食べないけどマラソンではおなじみの黄色いあの果物が甘芭蕉、

バナナです。でんぷんが豊富で、体内でブドウ糖に変化すると即効性エネルギーに変化します。でも私うてきなは、はっきり言ってあんまり好きではないです。味は悪くないと思いますがあのやわらすぎる、もっちりとしたような食感が好きになれないです。
Img_1923
でも先日のデビュー戦で食べた甘蕉は美味かった。美味いまずいは舌の
感覚によるものが多いと思われがちですが、味覚は実はその環境による
ものが多いという。今や年中手に入り安価で栄養価の高いバナナはランナー
のマストアイテムですね。でもトップランナーはバナナのデンプンがブドウ糖に
変化してエネルギーになる前にゴールしてしまいますが、私の場合は、後半戦
をささえるエネルギーになりますね。
 
Img_1925
 私のようなゆるランナーはどうしても長丁場になるのは避けられない。それを
どう遣り繰りするかはエリートランナーには味わえない世界。制限時間内に
走りきれば誰にも迷惑をかけないだろうし、年齢から考えても大きな飛躍は
難しいと思いますので、引き算をできるだけ最少にできればと思い
ますね。
Img_1926
 バナナと水とスポドリだけでは、つまらないです。もっといろんなものを
食べたいです。新たな味の出会いのために、、、、

| | コメント (2)
|

サカミチランノススメ

ゆるランナーの私でも超稀にストイックになる瞬間があります。それは坂道RUNです。

Img_2164
ランニングを始めた当初は坂道は箸にも棒にもかからず、泣きべそをかきながら走った記憶がありあります。ここは倉庫街なので道は広く休日は人通りは勿論トラックも走らないゴーストタウンになります。信号もないので、近隣の団地とセットすればランニングコースができますが如何せんランナーは皆無。テンションは急降下です。
 
Img_2166
坂道は上りも下りも平地では鍛えらない部分がトレーニングできるそうです。だから我慢せんといけんのです。
嫌でもやらんといけんみたいです。
Img_2177
広島は平地が少ないので、どうしても坂が多いですね。市内中心部でも橋が多いので
市内を縦断すると傾斜も多くなります。
Img_2179
 
Img_2181Img_2190_2


| | コメント (2)
|

麻婆豆腐のcurryなる変身だRUN

 昨日9日のマラニックはもちろんお花見ですが、花より団子も重要、ランチを何に

するかも大事ですね、ガス欠しますからね。
 泉州いや先週、大阪でおいしいカレー(インディアン)をいただきましたのでその流れで
カレーに決まりましたが、、、
 ちょうどマラニックコースから少し離れたところによさげな店をネットでみつけたので
そこに決定。開店の11:30まで元安川(もとやす)の土手沿いをRUN。
 先週に比べれば、葉桜になったのもあるけれど、まだ十分に楽しめます。
Img_2344
暑かったせいでしょうか、ランナーがまばらでした。もっと朝の早い時間か夕方に
走るのかな?
Img_2345
 桜色の絨緞は私は大好きで、ペルシャ絨緞もかなわないかなと思います。
 
Img_2346
さて5km走っておなかもぺこちゃんなので上下着こんでいざお店へ。
お店があるのは鷹野橋(たかのばし)といってかつては広島一の商店街
でしたが今はこじんまりとして、市内中心部にあるレアな昭和レトロな商店街
です。ほどなくして、お店の前につくと、開店早々なのに10人くらいの行列
が、!!広島で行列ができるお店ってあんまりないので、ちょっとびっくり!
後走ること以外用事もないので並ぶことにしました。
 行列している間、まわりを見渡すと、なんとお目当てのカレー屋さんはお隣
にありました。!じゃあここは何屋さん?窓越しから覗くと中華なべが見えました。
 どうも麻婆豆腐の専門店のようだ。カレー屋さんは次回にして今日はここを
責めることにする。麻婆豆腐もカレーも辛いつながりだし、まあいいっか。
 15分ほど並んでようやく店内にはいる。なかにも待っている客が6-7人
カウンター10席、テーブル8席のこじんまりとしたお店でした。よくみると
開店直後ということで、テーブルは空の状態、これは相当時間がかかりそうだ。
 仕方がないので店内を観察。客層は20代30代あたりが多いかな。男女の
比率は6:4くらい男性客の2割ほどがお一人様(私を含む)、あとは2-3人の
グループ。
 メニューはマーボー豆腐とゆーりんちのみですが客のほぼ95%がマーボー豆腐
をオーダーしてました。入店して30分、ようやくテーブルのうえもにぎやかになって
きたが、まだ食べ終えたひとはまばら、長期戦になりそうなので店内観察を続行。
 いかにも調理人といった感じの店主と40代くらいの美人の奥さん?の二人で
切り盛りしてされてます。奥さんは鬼の血相でてきぱきと仕事をこなしていた。
まったく無駄のない動き。店主は寡黙な職人といった感じで手がとまることがなかった。
 まず秘伝の味噌?を中華鍋に投入、そのあと白ネギ、ひき肉をいれて軽くいためて
そのあとスープをいれて、事前に湯通しした豆腐を投入しやさしく混ぜ合わせる。
チャーハンとかと違って鍋を振ったりはせず静かな動きではある。
 そのあと3回くらいにわけて謎の白い液体を投入していた。意外と早く完成、1回の
中華鍋で3-4人前ができる。テーブルの空状況から後何分かかるか計算していると
ようやく席につけた45分。そのあとさらに10分まってようやく至福の時がやってきた。
 私は大盛りをオーダー。ごはんが結構おおいので、乙女は普通盛りをオーダー
されることをすすめます。
 一口食べると、暑い、いや熱い、やけどしそうだぜ。こんな熱い麻婆はじめてだぜ。
その秘密は全面を覆う油!皿のふちには油が浮いているが、油ぽさはみじんもない。
ひき肉も粗くひいているので粒もでかいし、よく炒めているのでとても香ばしいし、
量も他店より多いので食べごたえあります。そして主役の豆腐、事前の湯通し効果
で味がよくしみていた。マーボー豆腐はまーおばさんの家庭料理だが、意外と作るのは
難しいです。店のなかはなんともいえぬ緊張感がただよっていたせいか、みんな終始
無言でした。でも帰る時、あの鬼の血相だった美人ママが笑顔で見送ってくれたのが
印象的でした。
 午後から5kmRUNして、本日のマラニックは終了。Img_2349 Img_2354

| | コメント (2)
|

カツサンド花見RUN

Img_2284

 4月2日土曜日、ハーフマラソンデビュー前日、平常心を維持するのと、花見RUNを満喫するためにRUNしました。この日は初夏のような陽気、首のあたりが日焼けでひりひりしましたね 
Img_2292_8
さくらというのは究極の期間限定品ですね。こうやって花見RUNができるのも数日だけ
Img_2298
どうしてもお昼ごろからお花見目当ての皆さんが押し寄せるので走るのもままならなくなります。
Img_2311
そういう意味でお花見RUNは期間限定、いや時間限定かもしれませんね。ですんで
わざと桜が咲いていない対岸は人影も疎らなのでそちらを走ったりしますね。
Img_2312
 ゴミ処理場とは思えない公園です。私の知らない地元はまだまだあるよ
うです。
Img_2315

 来るマラソン大会シーズンに向けてランニングを楽しみたいですね。
 
Img_2304
 数ある惣菜パンの中でももっともテンション上がるのは「カツサンド」ですね。
柔らかいかつがいいですね
 これはセブンイレブンのです。Img_2322_4

| | コメント (2)
|

ハーフマラソンフィニッシュへ

  よく河川敷での大会は景色が単調なので、おもしろくないというのをよく耳にしますが、私は今回ははじめてなので一般道のレースと比較のしようがないのですが、私は河川敷を走るのは普段からやっているんで特に問題はなかったですね。むしろ景色よりも人間観察を楽しんでました。まずウェアですね、東京、ホノルル、?のものまで飽きることがなかったですね。デザインもまちまちですし、あとは色、グレー系が多いようですが、なんだかんだ言ってカラフルですね、特に美ジョガーさんが。グループで参加されてるかたが途中ですれ違いざまに手をふってたりしてましたが、やはり目立つ服装をしているとわかりやすくていいですね。沿道で応援する人にも。大きな大会ともなると沿道の応援がはんぱないんでしょうね。それでモチベーションもあがるんでしょうね。河川敷だったので応援は場所によってはまばらでしたが、大会のメインステージには多くの方が、また先にゴールされたかたの声援がありましたね。

 途中胸焼けとかありましたがどうにか15KM地点を通過したころ、砂利道が続きました、これも想定内で、いつもランニングコースで経験済みでしたので往路はよかったのですが

 先述のとおりラン友さんからガーミンをお借りしていたのですが、まず最初の2kmはいつもの7分台で、3km過ぎてからは6分ペースを最後まで維持できました。10キロ地点ではこの日最速の6分8秒。5分台で走れれば2時間は切れるんでしょうけど、今の体力では難しいかな。それにしてもとっても便利ですよね、1kmごとのタイムが瞬時にでて、今何分で何キロ走ったいるか瞬時にわかるし、普段は活動量計なので距離の誤差は半端ないし
でもゆるランナーの私にはなんら問題はないです。
 順調に歩みをすすめてきましたが15km地点を超えて道が急に広くなって視界が開けて
テンションもあがるはずですが、前方に見える阪急電車の十三(じゅうそう)の鉄橋になかなか辿りつかない、気持ちとは裏腹に脚が重い、「歩いたらええやん」と悪魔の囁きが、とは言ってもね、ゆるランナーの私でもランナーとしての矜持(きょうじ)は持ってます。
 それしても十三は遠かったです。ようやく折り返し地点を超えて残り3km。暑さでダウンされたのか救急車が出動していた、この日は20℃越えだったので苦労されたランナーさんも多かったようです。私はといえば昨夏、炎天下をマラニックしたことは無駄にはならなかったです。
 途中給水所、ばななエイド以外は歩くことなく無事ゴールのゲートをくぐりました。
そのあとはラン友さんに教えていただいたコースに向かって一礼しました。
 とにかく雨が降らなかったので、ほっとしたいうのが正直な感想です。この時は頭が真っ白で気が付いたら完走証の列にならんでました。記録は2時間22分32秒!!平凡なタイムかな、それにしてもパソコンにゼッケンNOを入力するとアッというまに印刷される、すごすぎ!!誰がなんと言おうとも現時点での自己ベストです。
Img_2231
テンションがあがっていたせいか、脚の痛みも疲れも全く無かったです。いつものマラニックのウェアでいつものペースで平常心でのぞめたのが目標の2時間30分をクリアできた
最大の要因かと思います。これから時間制限が2時間30分の大会なら参加できそうなので
一安心です。マラソンは自分との闘いですが、色んな方々のサポートがあってこそのことだと思いました。なにわ淀川ハーフは来年もぜひ参加したいです。あと1~2回くらいの10kmかハーフに参戦したいです。めぼしい大会検索してます。でもいつかはフル走りたいです。

| | コメント (12)
|

ハーフマラソン初レポート

 当ブログのカテゴリーに「ハーフマラソン」を追加しました。人生初のハーフマラソンレポです。この日は4500人定員で4300人の参加でした。記録狙いの方は前の方に並び、私のようなゆるランナーはうしろに並びます。スタートの時間になってもなかなか号砲がならない、どうも地下鉄の遅延で先に行われた10KMレースも10分遅れてのスタートでした。

いよいよ号砲、道幅がせまいせいか、スタート地点まで3分ほどかかりましたが、これは想定内です。ガーミンを貸していただいたのでなんとなく「いかにもランナー」という体験ができました。2KM地点くらいまでは、いつものペースのキロ7分でした。

今回はキロ7分で掛け21で147分 2時間30分を目標にしております。

 5KMくらいのところだったか、折り返してくる先頭集団があっというまに通り過ぎました。スピードフォーム 体格すべてで私を圧倒してました(当たり前ケンやけど)そのあとはおり返してくるランナーをずっと観察していたので飽きることがなかったです。

 あとところどころに給水所があってそれも最後の1か所以外はすべて途中下車しました。走りながら左手でかっこよくコップを受け取る予定でしたが、どうもコップに水を入れるのが追いつかず立ち止まって待つことが多かったです。(急かしてごめんなさい)

 あとゴミ箱が給水所近くにしかなくて、ここで一気飲みしないといけないので大変でした。大抵の方は無言でコップをとって、しばし走って道端にぽい。あんさんそりゃあかんでしょ。コースの道端アンジェリカにコップ散乱しとったよ。ちゃんとゴミ箱にすてましょうよ。だってあとそうじするのマジ大変でっせ。ほとんどの給水所では一気飲みでしたでしたが、ゴミ箱が見当たらなかったところは、次の給水所のごみ箱に捨てましたよ。それと給水所やばななエイドでは必ず役員さんに「ありがとう」の一言は忘れませんでしたよ。

 先述のとおりペットボトルから紙コップに注ぐのが追い付いてないようでした。1Lの容器は注ぎにくいかもしれないですね、大会役員さん、お疲れ様です。

 ほどなくして豊里大橋をくぐると、私が昔住んでいた上新庄も近いのですが、河川敷からは堤防が邪魔して見えないけれど懐かしい大阪の風景であることには変わりなし。

 7.5KM地点で折り返し2度豊里大橋をくぐって西向かう。このあたりからようやくエンジンがかかって(ちょっと遅すぎやろ)きました。コースのすぐわきで少年野球の練習していた、コースにボールが入らないように1mおきくらいに玉拾いが並ぶ様子は壮観でした。

 バナナは普段ほとんど食べないというかあまり好きではないのですが、この時ばかりはありがたかったです。ここも例のごとくゴミ箱がエイド近くにしかないので、皮をむいてごみ箱に入れて口にくわえて先を急ぎます。まるでおさるさんが走っているようです。

 走る1時間ほどまえに新大阪駅で買った神戸屋レストランキッチンの海老&アボガドチーズサンドを食べたけど、空腹のせいか胃酸?の分泌で胃がむかむかしてきました、うてきなピンチか! 続く

 今日のぷちRUN3km 筋肉痛も解消されたようです。Img_2342

 

| | コメント (6)
|

大阪でマラソンデビュー

 私うてきなぷりぱは自称「大会に出ないゆるランナー」でした、少なくとも2か月前までは。でも気がついたら広島より遠く離れた、大阪の地にいます。運命のいたずらで何の迷いもなく、なにわ淀川ハーフマラソンにエントリーしました。この大会に躊躇なく申し込んだのは、

①慣れ親しんだ大阪であったこと
②私のランニングの支えとなるラン友さんが大阪の方であること
③ビギナーには優しい時間制限という縛りがないこと
④事前にナンバーカード、チップなど当日必要なものが事前に郵送されること
⑤新大阪駅に近く遠方からのアクセスも良好なこと
⑥私が日常のランニングで慣れ親しんでいる河川敷がメインコースであること
 どんなに百戦練磨のランナーさんでも初めての大会エントリーは緊張されただろうし
感慨深いものがあるではないでしょうか。
 
 今回は三脚も持参して自撮りする予定でしたが、大会の雰囲気の飲み込まれて
それどころではなかったので、文章が多くなりますご容赦ください。
Img_2228
自撮り専門の私ですが、今回はRUN友さんに撮影をお願いしました。専属カメラマン
今も募集中ですcoldsweats01
 これはスタート前なので、まだ余裕の?表情です。普段は、ランナーも疎らなところを
走ってますので、こんなに大勢のランナーさんを見るとテンション上がりっぱなしですね。
 早く走りたいよー、かなり気持ち浮ついてます。
でもここまでの道のりはj決して平坦ではなかったです。週間予報がでた先週月曜日、大阪はまさかの雨予想(50%)。いきなり雨対策を考える。90Lのポリ袋を使った急ごしらえのカッパ、人生初体験のワセリン。前日まで雨予想は変わることは無かったです。
 不安を抱えながらの旅立ち、いつもはテンションがあがる大好きな新幹線旅行も今日だけは気分はブルーーー。広島は曇りでしたが、途中三原あたりで路面がぬれていて☂をさす姿が、、やばいやばい
不安がよぎる。岡山付近はなんとか路面が乾いていていた、一安心!雨は降ってないようだ。新神戸を過ぎると雲の切れ目から心もとないけどかりそめの青空が。よっしゃ!昼くらいまではもちそうだ。自分に言い聞かせる。
 不安をかかえつつ、新大阪駅下車。地下鉄御堂筋線乗換。でもランナーらしき人は
見当たらなかった、不安がよぎる。西中島南方駅の改札を抜けるとランナーの大群が。
ちょっと一安心。でもまわりは如何にできそうな雰囲気の方ばかり、はじめての大会
緊張はmax    続く

| | コメント (13)
|

刹那に散りゆく定めと知ってRUN

 少しばかりのお休みをいただきました。春ばてかな?刹那に散りゆく桜。

花の命は短くて、、桜RUNもほんのかりそめ。
Img_2268
 この日は20℃越え、薄着大好きの季節感皆無の私がテンションマックスになる瞬間です。春は
この時期広島市内に流れる6本の川の土手沿いんぽ桜を目出ながらのRUNは春の
醍醐味の一つですね。
Img_2269
 とはいうもののお昼すぎから人出も増えてきて、ランニングどころではなくなってきますね。桜の咲かない対岸からのRUNもありかなと思います・
 
Img_2272
 こうやって土手を降りて車を避けながらのRUNも生活の知恵です。
Img_2275
Img_2277

| | コメント (2)
|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »