昨年は金メダルに沸いたけど

Img_8345

日本で初のオリンピック女性メダリストってご存知ですか?私はこの日まで、{前畑がんばれ」だと思ってました。確かに前畑さんは日本女性初の金メダリストでした。
それより以前に日本女性初のメダリストが岡山におられました、「人見絹代」
さんです。私は恥ずかしながら存じ上げずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。happy02
私のとなりで併走されているのが御本人です。
 まだ女性がスポーツするなんて考えられない御時世(1928年)のことです。
彼女はわずか24歳で短い生涯を遂げます。
でもその意思は後輩だったという有森裕子さんの祖母を通じて平成になって
岡山マラソンにその意思は受け継がれています。
 やはり岡山は熱いです。up私もいつか志半ばだった人見さんの遺志を継げる
ような舞台にたちたいなという気持ちが湧き上がってきましたよ。
Img_8349
奥に見えるのが岡山マラソンのゴール地点です。
人見さんは短距離の選手でしたが、90年後に岡山でこれだけ大きな大会が
開催されるのをみて、天国できっとエールを送られているのではないでしょうか。
美ジョガーさんの走りをご覧になって目を細められているのではないでしょうか。
Img_2749
 気持ちを切り替えて、併設する弥生時代の遺跡にロマンを感じましたよ。
Img_2748
稲作がはじまったのも、銅鐸 弥生式土器
Img_8354
こんな歴史が感じられる、岡山運動公園ぜひ走りに来てほしいですね。

|
|

晴れの国岡山マラニックINおかやま

2017年最初のマラニックはおかやまからです。

おかやまマラソンも昨年で2回目、いまおかやまが熱いかも
Img_8345
広島からこだまでのんびりと、走るコースを色々吟味して、運動公園に決定しました。
昨年は旭川の河川敷で、寒いし途中でふくらはぎが痛くなり翌日ほとんど走れなかった
苦い思い出があったので、控えめなプランにしました。
Img_8350
運動公園は駅から見ると北側にあり、南側が中心街なので、裏玄関になります。
それゆえ足を踏み入れたことないエリアなので今から楽しみです。
Img_8354
運動公園までは、普通に行けば走って15分から20分くらいなのですが、
せっかくなので、道草をしながら、のんびり1時間かけて迷い人になりながら
エトランゼIN岡山を満喫しましたよ。
岡山駅の喧噪が嘘のように、静かでしたし歩道も広いので走りやすかったです。
でもランナーは一人も出会いませんでした。続く

| | コメント (2)
|

RUN休はつらいよ

Img_1471
晴れ男伝説、今日は通用せず、やはりもっと大きなイベントの時じゃないとダメなようだ。
時折止むものの、ほどなくして降り始めるの繰り返し、数10分走ってジ・エンド!
 明日も天気悪そうだし、木曜日が休みで良かった。
Img_1465
RUN休日をどう過ごすか?まずはあれの買い出しをしなければ、
 
Img_1488
 キリン一番搾り 岡山づくりです。キリンビールさんが全国9か所のご当地麦酒なんです。広島で入手できるのはこれだけです。昨今のことネット通販すれば容易にあとの8つはゲットできるのでしょうけど、それはしないことにしておきましょうね。
 
Img_1492
 ビールケースでスクワット、ゆるランナーの私でもトレーニングは忘れませんよ。
 Img_1497
 早く飲みたいよ、でも飲むにはまだ早い、夜が更けるまで待ちきれないです。続く

| | コメント (2)
|

OKAYAMAマラニック番外編

先日のOKAYAMAマラニックの続編です。

Img_0852
 マンホールに「日本一」 烏城(うじょうみち)とストリートの名前まで、、めずらしいパターンですね。スマホのCMでおなじみの桃太郎さん、
 
Img_0853
 
 きっと100年先も岡山の顔なんでしょうね。
Img_0847
これが冬の市街地runのウェアです。やはり遠慮気味に生脚どまりです。安心してください
寒くないので。風邪でも引かないかぎり続けますよ。
 今日はrun休しました。成人式RUNはいずこの場所へ?
 Img_0839

| | コメント (2)
|

百間旭川RUN それから

 ランコース復路です。ここから10kmプラスJR岡山駅までの距離分RUNします。往路をプラスすると、お一人様ハーフになります。岡山駅で乗車予定の時刻まで、約2時間ちょっと。楽勝で間に合うと思ったのです。Img_0837

 復路は気分を変えて階段を上って、土手を走りました。途中橋が何本かあるのですが、そのたびに道はとぎれてしまうので、何度も河川敷に降りるので面倒でした。地元のかたのウォーキングにはいいかもしれませんが。
 土手にあがると、岡山市東部が見渡せます。百間(約180m)あるという川幅も、江戸時代の土木工事だったのですね。旭川の洪水を避けるために、人工的に作られた川。先人の苦労を思いつつRUN。広々した平野のずっとむこうに低い山がぽつぽつ。
 平野の少ない広島市とは全然違う風景。Img_0838
 今年の当ブログの新しい試み。ランナーさんを撮影することです。がちランナーさんのきれいなフォーム、おされなウェア、私のように季節感のない、いや薄着の方 ETCを紹介します。Img_0841
 最初の1枚は短パンで走るランナーです。この日は初春のような気温でしたが、薄着だったのはこのランナーさんだけでした。コースの1/3くらいが雑草が生い茂る風景が続きます。このアングルは専属カメラマンがいないと絶対撮れないアングル。これだとコースの様子が伝わるし、目からうろこでした。
 スタート地点に戻ってきた時点で、後残り1時間ほどになったImg_0844 、高層ビルが目立ちはじめた、ゴールは近い。後楽園を右手にみながら、烏城(岡山城)がその姿を現す。さすがにこのあたりまでくるとランナーの数が倍増します。だって景色がいいもんね。でも私のように逆コースで走った方が、最後にクライマックスがあるので、こっちのほうが正解かな。Img_0851
 ゴール地点は撮影ポイントの宝庫だが、時間がないので市内電車を利用することに。これこそマラニックの醍醐味。通常のランニングだったらここでDNFになってしまいます。さっきみた地図をたよりに電停へダッシュ。

ちょうど市電がきたので、着替える間もなくランパンのまま乗車。岡山の市電は初乗りが¥100ととてもリーズナブル。ほどなく岡山駅へ。でも時間がないランパンのままにぎわう地下街をRUN。コインロッカーに預けていた上着を着て改札へいそぐ、イコカを通した時はもう1分前。万事急すと思って階段をかけおりると、まだ電車停まっている。よかった。接続列車の関係で1分遅れで発車とのアナウンス。運が良すぎるかもしれない。もしこの列車をやりすごすと、1時間岡山駅で待ちぼうけになります。
 かなり余裕をもってプランはたてたつもりでしたが、もっと余裕をもつ必要がありそうです。当初は大阪方面のマラニックを計画してましたが、やはり大阪だと前泊して朝一から動かないといけないので、最低2日は必要なのは前回のマラニックで学習済みです。
 岡山市中区を走破!またおじゃましたいです。Img_0854

| | コメント (2)
|

百間旭川RUN

 西川原就実(にしがわらしゅうじつ)駅 いつも奇妙な名前の駅だなと思いつつ、今日初めて下車した。駅からJRの線路沿いに、今回のランニングコースまでの道のりで、ようやく理解できました。駅周辺は一人住まい用とおぼしき3階建のマンションが林立していた、ちょうど駅の反対側に就実大学がある。地名と大学名が無理やり合体した駅名であった。

 5分ほど歩くとランニングコースに到着。すでに数名のランナーを発見。おのずとテンションあがります。河川敷に降り立つと、厚い衣を脱ぎ捨て、マラニックスタートじゃ。Img_0833

 今回のマラニックは岡山市公認の百間(ひゃっけん)川 旭(あさひ)川のランニングコースです。ここは全長約10km。まずは2.5km地点からゴールをめざします。

 河川敷の中央線も引いてあって十分に広さもあります。ほどなく走ると

何やら工事中でごちゃごちゃしてました。1月4日から通行止めとのこと、今回は運よく通行できました。ここでUターンするような形で、南下します。ここからが百間(ひゃくけん)川になります。Img_0834 このコースはUの字の片方短い、サイフォンのような形になってます。百間というの長さの単位です。難読地名です。このコースはこれだけ道幅が広いのに、自転車通行禁止です(10台くらいすれちがいましたけど)

 河原が広くて、ところどころ広場があったりしますけど、4km地点くらいからは雑草が生い茂る何とも単調な風景が延々と続きます、ランナーの数も先へ行けばいくほどまばらになります。飽きが来ないようにカーブを作ったりはしています。好みによっては退屈するかもしれませんね。

 1時間足らずでようやくゴールに到着。10.95kmというなんとも中途半端な距離です。ここ海吉橋付近、特に交通機関もないので、スタート地点まで折り返すことにしました。 続くImg_0835

 

 


| | コメント (2)
|

この日2本目のホームRUNからの大阪マラニック-1

 日生駅で30分ほど時間があったので、駅周辺を軽くRUNしました。Img_5955

Img_5953
 さっき、苦労して渡った、備前国のラブリーなheart04日生大橋を一望できます。明日は大阪のとある大橋にチャレンジです。
 大富駅に続いてこの日2本目のホームRUNです。
Img_5956
JRさんごめんなさい。王さんの記録目指してますcoldsweats01
 
Img_5957
 翌朝、朝一の始発電車で、まず姫路駅下車、名物の駅そばすすってriceball、目指すは大将ではなく大正駅です。train
 なぜ大正かといいますと、ここが地図で見る限りここがなみはや大橋の最寄駅なのです。
Img_59591
 駅前のコンビニを目指します。今日は心強い助っ人、浪速のジョガーさんがcoldsweats01
同行して頂けます。私の机上プランに不備があれば、フォローしていただけそうです。
 まずは大正通りを南下、人通りが多いので歩くことに、三軒家の交差点を右折(西方向)
し、大浪通りを直進。先ほどの大正通りとは違って、車も人通りも減って閑静な感じがした。その後日影が多い左側(東方面)の歩道を直進、ランナーもちらほら見かけたので、コースとしては問題なさそうだ、街路樹もあり道幅もそこそこあり、住宅街をさらに南下します。
 ほどなくして、千歳橋(ちとせ)がその姿を現しました。punch
Img_5961
うーんこれは手怖そうだぞ。橋へ上がるまでのまでの階段がいい運動になりそうだ。
Img_5962
橋の上からは悲しい色やねの大阪ベイブルースエリアが一望できるよ、あんた!note
ここで今回のマラニックのランドマーク IKEAの位置を確認。見知らぬ土地マラニック
で頼りになるのは、地名とランドマークです。
 橋を駆け抜け、階段を軽快に降りたらここは大正区鶴町。西方面に走ると、かつて
高度成長期に建設されたと思われるアパート群。ところどころ更地があって再開発が
立ち遅れている印象をうけた。IKEAを起爆剤にかつてのにぎわいを取り戻して
ほしいものである。
 ほどなくしてなみはや大橋の登り口に無事到着。登り口は東側にあります。
 先ほどの千歳橋は足慣らし、ここからが本番です。階段を登りきると、どこまで
続くのというくらいの傾斜。地元の橋も傾斜はきついが、ここは距離も長いし、
頂上付近で左に(西方面)カーブしてやがる。
 ここが今日のメインなので心してかかる。いつもの地元のベタ踏み橋を思い出しながら
心して頂上を目指す。どうにか頂上まで汗はかいたが、息切れすることなく頂上まで
行けたのは満足でした。
wobbly
Img_5967
 夜景とかきっときれいだろうな。♪今夜、夢のかけら、みんな海にながしてくーーー♪
Img_5968 私の第3の故郷大阪でいい思い出作りができました。o(*^▽^*)o
Img_5969
 大坂808橋、残念ながら人が渡れない橋もたくさんありますが、いつか大阪の
橋めぐりマラニックやってみたいな。
 これは大阪港駅方面(北方面)からのなみはや大橋です。
Img_5970後半はまた次回(*^ω^*)ノ彡
 

| | コメント (2)
|

頭島RUN

 どうにかかくい島を縦走して、辿りついたのはかしらじま大橋。

Img_5935
Img_5941
この橋も備前♥日生大橋と同様、申し訳程度の歩道しかありませんの、距離は
短いですが、早足で渡りました。
 
Img_5945
 鹿さんと狸君がこの標識を理解できるのか、もし渡ったら注意されるのかという
つっこみはさておき、対岸のかくい島は野生のシカが生息してます。道端に
宮島でよく見かけれる鹿の糞が転がってました。RUNだからこそわかることでした。
 ところで頭島は人口360人あまりの、民宿とかが立ち並ぶ観光の島です。
 この日も多くの観光客が訪れてました。
 
Img_5934
 かくい島よりは坂が少なく走りやすかったです。自販機も商店もこのエリアにはございました。
 展望台からは 別荘が立ち並ぶ鴻島(こうしま)が望めます。
 
Img_5933
 この島へは日5便の日生港からの船便があります。でも別荘持っている人だったら
クルーザーとかもってそうですね。このあたりは魚の宝庫で、日生で行われている
五味(ごみ)の市には遠く京阪神からも訪れるそうですよ。
 
Img_5937
  東京では高級すしネタの車庫いや蝦蛄も気軽に味わえますよ。あとアナゴとか
冬だったら牡蠣とか
 Img_5936
 わたりがになどもいいですな。
 結局2時間ほどマラニックしましたが、RUNするにしてもサイクリングするにしても
少し上級者向けかと思いますので、これから訪問される方は参考にしてください。
 Img_5939

| | コメント (2)
|

ひなせマラニック

  予定外の大富でマラニック、岡山県初デビューを果たした当倶楽部は

ひなせへと向かう。
 JR赤穂線日生駅下車。ひなせと読みますが結構むずかいしですね。赤穂線
には難読駅名のオンパレードで西から,邑久 香登、伊部、日生、寒河、播州赤穂
坂越 西相生。すべて読めたら、かなりの鉄道おたくかも
 さて念のために位置確認、岡山県備前市日生。
駅前から橋は左手(東方向に見えているので迷うことはないでしょう。
 
Img_5952_2
 
Img_5930
 この看板のある交差点を右折すると島はもう目の前。備前♥日生大橋です。
全国でもめずらしい♥マークの入る橋なのです。
 お盆休みのせいか結構車の往来は多かったです。
  ところでこの橋どこか変だぞ。歩道が見当たらない?あるのは以前呉で
見た車道とサイクリングロードを区分けする緑のライン。それくらいしかないようだ。
でも確かネットではランニングは無かったがサイクリングの投稿はいくつかあったし、
人は渡れませんという標識もないので、この狭い歩道を走ろうかと思いましたが、
車がすぐ隣を通過するので、早足で渡ることにする。橋の下はすぐ海なので
風が強い日はこわいだろうなと思う。
Img_5941_2
 橋の真ん中あたりで、異様な光景を目にしました。
それは急なアップダウンの続く道。サイクリングをするにしてもちょっと難易度が高そう
よほど引き返そうとか思ったけど、ここまで来たからにはそのまま進むことにする。
 それにしても傾斜もあまりないし、景色もいいので広い歩道があればいいところなのに
残念です。
 
Img_5950
島はアップダウンの激しい坂が延々と続く。風光明媚な入り江の風景には
癒されましたが、心は折れそうでした。ここ鹿久居(かくい)島には人家は
ほとんどなく、商店や自販機もありません。サイクリングしている人が坂で
自転車押していたので、上級者でないと大変かもしてません。ランニング
にも不向きだと思いますよ。
 あとで調べたのですが、このかくい島は人口10人あまりだそうです。
岡山県では一番広い島なのですが。
 ネット情報と道路地図だけでのプラン作成は難しいことを痛感しました。
Img_5947
 

| | コメント (2)
|

備中高梁珍道中 シーズン2 第一話

猛暑の中の備中高梁珍道中ですが、シーズン1ではガイドブックに出ているエリアを、シーズン2では普段着の高梁を紹介します。

 Img_0499
 これらの知識が備わっていればどんなに街歩きが楽しくなるでしょうか。ハンディタイプの町家図鑑的なものがあればいいなと思いました。これからガイド付きの散策ツアーになるだけ参加したいです。

Img_0488

さて歩いてみますか

 Img_0462

子供のころはこんな感じの書店が近所にあって色んな本を買いあさりました。でも今はこんな佇まいの店が近所に無く大型書店に通ってます。でも品ぞろえに不満も多いし、意外と不便です。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧