三万石名城焼き

Image

Image_3

硬いせんべいです。せんべいといいますが、お米は使用してません。

材料は小麦粉と卵 砂糖 マーガリン。とどちらかと言えば洋菓子

の材料だけど<<

それでもテイストは和菓子。この歯ごたえがたまりません。

結構力を入れないと噛みきれませんよ。

広島県三原市の銘菓です。三原市はいつも通り過ぎるばかりで

なかなか訪れる機会がないですが、このせんべいが縁でいつか

訪問してみたいですね。

Img_9238

Img_9243

| | コメント (0)
|

安芸亀山街走り

Img_7486

JR可部線 車内です。先週のお出かけですが、岩国街走りの
UPが1週間かかってしまったので悪しからず。
Img_7480
車内でおいしくいただきましたよ、やまだやのもみまん
「千福 吟醸 チョコ」
もみまんとチョコはまさに出会いもの。それとチョコと相性の
良いお酒(広島の地酒)のこらぼです。
街走りにはマストアイテムですね、地元の和菓子は。
Img_7481
おいしそうでしょう。
Img_7487
あき亀山駅を目指します。可部(かべ)駅でほとんどの乗客が下車したので
車内は閑散としてます。
Img_7489
現在JR可部線(かべ)はあき亀山駅が終点です。
近隣は宅地化が進んでます。
廃止区間はまだバラストが敷かれていて有効利用はされてないようです。
Img_7488_2
この先は太田川の河岸段丘が続きます。山がせまり市街地から
風景が一変します。
Img_7491
ここからはがちラン仕様のウェアですよ。
Img_7493
木製の枕木なんですね。
Img_7494
狭い歩道に交通量多し。ランニングには向かないかも。
サイクリストにはすれちがうこと多しでした。
それにしても過去には洪水であそこまで水位が上がったのですね。
Img_7495
広島ではかなり少なくなったレンガ積みの建物です。
Img_7496
河原にあったバス停「柳瀬」
1日数便しかないようですが、トイレと待合所がありました。
柳瀬(やなせ)という地名、日本全国の河川があるところに多い地名ですね。
今井田(いまいだ)目指してRUNで^^す。

| | コメント (2)
|

広島食べ放題 黒もみじ  

広島土産、といえばもみじまんじゅう。

でも私はめったに食べる機会がないのが現状。

和菓子は大好きですが、ついついコンビニや

スーパーで販売されている定番品を買ってしまう。

スーパーにもコンビニにももみじまんじゅうは売ってるけど

ベーシックなもの(あんこ)だけ。メーカーも種類も多種多様なのに

意外と地元の味になってないような気がする。

それでは広島県民としてやはり恥ずかしいので

いろんな味を食べつくそう、ついでに土産物店に

売ってるスィーツも制覇しようと思う。何年かかることやらcoldsweats02

 

Img_7042

もみじ饅頭(以下もみまん)の包み紙ですよ~~~

「やまだや」さんのです。

黒もみじ~~~~

名前のとおりほんとに黒いですよ^^)

なにも知らずに供されるとドン引きするかもしれませんね。

Img_7054

いざもみまんを手にしてしまうと広島県人の血が騒ぎますね。

Img_7051

これ中身です。中は上品な味のこしあん。定番品のとは異なります。

とてもあっさりしていて、少し高級な和菓子のようです。

またリピートしますね。次はとうようかです、続く

| | コメント (2)
|

寒波と私

土曜日から日曜日にかけて大寒波が広島を襲いました。11年ぶりの大雪。

観測史上3番目の積雪でした。舞子の投稿ではテキスト入れ忘れました。でももう1月も
折り返しの16日。1月は行くといってあっというまに2月になりますのでそのままにして
おきます。
 14日土曜日、吉島をマラニックしてきました。気温は5℃、しかし寒波のせいで風が強く体感は2℃くらいかなと思います。試しに薄着でチャレンジしてみましたが数分でダウン!Img_8763
Img_8768
去年までは、根性足らないと反省してましたが、今年は発想の転換でどうすれば楽しく最高のパフォーマンスができるかを優先することにしました。まず生腕を封印。Img_8841
しかし風が強い上に、歴史に残る寒波で生脚も封印となりました。正月の明石ランの反省からタイツを持参してました。Img_8896
 こだわりも封印してしまうと後はどうにでもなれですね。ランニングは大地と気候との会話。その時々で最良のコンディションを整えることにその面白さがあるのような気がしました。
 さて今回はごみ処理場にランパンで潜入レポです。
 Img_8753
ここは一般公開されてます。外見からは普通の工場のようにしか見えませんがImg_8748
Img_8750SF映画にでてきそうな秘密基地のような様相です。
Img_8740
ランパンで見学するのは、私で最初で最後でしょうね。
Img_8746
Img_8750_2
Img_8751
Img_8706今日はラン休日でした。 今日は10時くらいまでは雪が待っていていて救急車のサイレンが鳴り響いてました。おそらく慣れない凍結した道で転倒されて怪我された人がいたのでしょうね。北国では1mとかいいているのに広島では数十センチ積もっただけで全国ニュースになる。同じ日本人でも冬に対する備えがなさすぎるように思えます。


| | コメント (2)
|

沈下橋ラン

先週のミルクロードランからの続きです、マイカーで安芸太田町へ移動。先日の棚田以来、いまイチオシのマラニックエリアです。広島市中心部からそんなに離れてませんが自然が一杯です。

Img_5197
スタート地点のこの駅ははまた後日紹介します、廃線の駅です。
 
Img_5199
コースの下見中に偶然見つけた沈下橋です。川の増水時には、川底に沈み、
最悪流されてもいいやくらいに簡素なつくりになってます。車は通行できません。
Img_5200
もちろん増水時は渡ることもできません。主に川の上流から中流域に多くみられ
高知の四万十(しまんと)川のものが良く知られています。
Img_5203
川との距離がとても近いです。
Img_5206
聞こえてくるのは、蝉しぐれと川のせせらぎだけです。沈下橋は人間と自然とどう共存していくのかを
私たちに問いかけているような気がします。Img_5212
Img_5215廃線跡をラン。盛り土が残ってます。バラストがなければここに鉄路があったとは
わからないと思いす。
Img_5218
この後はネットでもおなじみの花の駅を目指します。





| | コメント (2)
|

棚田ランは続く続く

棚田ランは、続きます。

Img_5021
見学者もちらほらみかけましたが、棚田まで降りてきたのは、今回も
私だけ。
Img_5032
聞こえてくるのは、水路を流れる水の音と、蝉しぐれのみ。
 
Img_5034
集落のもっとも高いところまで行ってみましたが、信じられないほど急こう配。(
2枚目写真奥)
内輪差が大きい車だと、段差があるので登れない。道路わきには手すりが
ありました。
 
Img_5024
集落にある数少ないまとまった平地。井仁小学校跡です。
Img_5030
今は公民館として、利用されてます。子供の姿はまったくというか
人の姿もまばらでした。
 
 
棚田で作ったお米はおいしいとのこと。聞くところによると水源が近いから
だとか。そういえば棚田米の直売所があって、今秋のコメの予約を受け付けて
ました。
Img_5037
 一方で耕作放棄の空き地も高い場所では目立ちました。棚田を後世に
伝えていくのは容易ではないようです。
 
Img_5046
Img_5050
 そういえば、今回のマラニックのコース「しわいマラソン」の一部でした。
広島県で唯一ランネットのマラソン100選にエントリーされているウルトラ
マラソンです。
 
Img_5052
 7:09 8:21 7:51 5:49  往復4.72km 33.33分 高低差206m
下りはさすがに早いです。坂道でも平均6分台で走れれば、もっと
もっとマラニックが楽しくなるのに、今後の目標です。
 
Img_5055
 ふもとに降りてドリンクを飲んで終了。このあと車でほかのコースも
下見してきました。坂は多いものの、自然が豊かなので、雪が降る
季節までにまた挑戦してみます。
 
 

| | コメント (2)
|

棚田ランは続く

 

Img_4971 棚田ランの前に、廃線跡RUN行ってきました。13年前に廃線になった

ばかりで、なおかつ田舎なので、市街地の路線のように区画整理が
進んでないので、結構現役時代の面影を残してます。
 
Img_4973
ここから、マニアックな話になるので、ランナーさんはスルーしてくださいね。
そもそも鉄道は急な坂やカーブが大嫌いです。
Img_4974
ですんで、廃線跡はランニングにはもってこいのコースなんです。
しかし、ここ旧かべ線は、比較的新しい路線ゆえトンネルを掘り
鉄橋をつくり、できるだけカーブを少なくするつくりになってます。
Img_4991
築堤や高架橋で踏切を少なくしてます。それゆえ遊歩道の整備が難しい一面
もあります。
 
Img_4994
それでも一部区間で短い距離とはいえ道が整備されているとつい走り
たくなるのは、きっと鉄分が不足しているからでしょうね。
Img_4997
Img_5003
Img_5007
鉄橋もそのまま残ってます。
Img_5011 国鉄時代に建設された路線なので、すべて税金で建設されたもの。
実は日本各地に、税金無駄遣い路線が多数存在します。そういった
社会問題に切り込むのもマラニックの醍醐味です。
Img_5015 今回2回目になるいに棚田ランも、短絡ルートも見つけて、秋の
収穫時期が楽しみです。


| | コメント (2)
|

可部線廃線跡から棚田ラン

Img_3245

廃線区間の中でもっとも乗降客が多かった、旧加計駅(かけ)付近です。
Img_3249
旧かけ駅、および駅前広場は駐車場として活用されてます。プラットホーム
の一部が保存されてます。
Img_3250
Img_3251
ランチは駅近くにあるスーパーで買ったジャンボたこ焼き。おそらく
お店で焼いたのではなく、業務用だと思いますが、生地にしっかり
味がついていたので、おいしくいただけましたよ。
 
Img_3253
マラニックの途中で偶然見つけた棚田。広島県に1つだけ棚田100選が
あるのは知ってましたが、まさかここで出会えるとは、、、
Img_5032 横溝正史さんの金田一シリーズにでてきそうな、隔絶された集落。
Img_3255
海の日の連休で再訪がかないました。田植え時期と2か月の姿
を比較してみてください。
Img_3258
2か月後の棚田です。
Img_5039
 

| | コメント (4)
|

旧可部線RUN-1

Img_3213

五月頃にマラニックしたものです。埋もれていたので今更ですが

投稿しました。

Img_3222

NIKEのランT、asiicsのセーフティーイエローのランパン共にSサイズです。ランTはサイズはあと1枚あるだけです。

 

Img_3228

河原に降りてみました。鉄橋もそのまま残ってます。太田川の流れにそって

敷設されていたので鉄橋も多く、車窓が抜群の路線でした。

Img_3229

台風時は大暴れの川ですが、広島市の大事な水がめです。

Img_3232

水も冷たくて気持ちいいです。夏だったら水浴びもいいでしょう。

線路も枕木もバラストもきれいに撤去されてます。プラットホームはそのまま残ってます。

Img_3239

待合室と駅名板は骨組みだけになってます。

Img_3240

ここはバラストのみ残ってます。少し走りにくいです。

Img_3241

水曜日はRUN休日でした。

 



| | コメント (2)
|

サンデーサンセットRUN-2 スタートからゴールまで

Img_0663

スタート地点のエディオンスタジアムにトラックにやってきました。
やっぱり広いです。アップをかねてトラックを走ってみた。
 うーんなんちゃってアスリート。実はこのトラックを走りたくて
このイベントに参加したと言っても過言ではございません(o^-^o)
実は10kmの部はここを計5周もします。ラッキー!!
 このイベントはまず20kmチームが先にスタートして5分後に
10kmの部がスタートします。2kmの周回コースを5回まわる
システムです。
Img_0664
スタート前にランナーウォッチングしてみた。20-30代が多い、次いで40代
同年代は少し少な目、美ジョガーは数えるほど。10km 20kmあわせて
総勢300人。こじんまりした大会、でも少数精鋭、10kmで50分切らないと
ワースト10に入る私にとってハードルの高い大会(ちなみに制限時間は
90分)。ワースト10に入らないようにしよう。
 いよいよスタート、もう2回目のレースなので緊張は全然なかったです。
それよりも広島一の競技場のトラックを走れることの期待のほうが上回りました
 そうこうしているうちに、先にスタートした20kmの先頭集団にはやくも追い抜かれました
勿論、ランパンでした。30代くらいかな、太腿が太い、筋肉が躍動している、
どこまでもパワフル。2周目くらいで夕立遭遇。途中水はけの悪いところでは
水たまりの中をRUN。夏の大会で良かったです。冬の大会でしたら地獄をみたかも。
蝉さんが鳴いていたので、そのうち止むだろうと予測しながらのランでした。
 ほどなくして雷鳴がしました、そしてキムタクもびっくりの青い稲妻が「ゲッチュー」
出川さんもびっくりの「やばいやばい」 レースは中止?まだ3周の残ってるのに、、
  結局3周目でレースは中断することになりました。
Img_0668
この競技場、じつは意外と山間部にあって、広島市中心部はなんともなくても
冬は雪が積もるなど、それなりの場所にあります。
 でも蝉が鳴いているので、一過性の雨だと思う。こうやって待ってる間でも主催者
のMCさんが、ジョークを加えたトークで参加者を飽きさせなかったです。
 ほどなくして晴れ間が見えてきた、でも雷鳴がまだゲッチュー。
ぎりぎりまで協議されます。結局約20分の中断。今日の記録は参考記録に
なることが告げられました。途中棄権もありとのアナウンスあり。
 でも参考記録として残させてもらうというアナウンス。素早い対応がすごく
印象に残りました。結局私のみるところ80%くらいのランナーは棄権すること
なく再チャレンジしたと思う。もしかしたらこの大会に照準をしぼって調整して
きたランナーも少なくないはず。
 主催者も初体験という雷雨による、レースの中断。記録よりもこの主催者の
アクシデントに対して適切かつ迅速な対応に対して、棄権はあり得ないと思い
ました。レース再開後、多くの方が私を含めて主催者に拍手喝采でした。
 私はがちランナーではないので、記録は2の次ですが、でも主催者が本気
出している以上、いい加減な気持ちで参加してはいけないなと思いました。
 今回すごくリラックスしすぎる状況で参加したことを大反省です。
 それとデビュー戦がハーフだったことも大反省です。やはり10kmから
スタートすべきだったようです。
Img_4678
 タイムは1時間18分18秒 92位/148人中 次は60分切れるようがんばります。
9月に同内容のイベントがあるので、そこでリベンジします。さっそくエントリーして
きましたよ。
 

| | コメント (6)
|

より以前の記事一覧