鹿野ラン

Img_8524

Img_8525

Img_8526

Img_8527

Img_8528

 

本日のランパンはこちら💁‍♂️ですImg_8623

| | コメント (2)

ようこうじ 御朱印 山口県岩国市横山

永興寺 錦帯橋より徒歩14分
Img_0202
ネットでは御朱印の有無がほとんど検索出来ないお寺だけに
御朱印ありますのアナウンスはすごく助かります(^ ^)

Img_0186

Img_0196

Img_0205

 

| | コメント (4)

レトロな駅舎

錦帯橋より21分 椎尾八幡宮より16分
Img_6952
西岩国駅です。

Img_6921


Img_6947


Img_6953


Img_6954


Img_6959


Img_6966


Img_6947_2


| | コメント (2)

白蛇神社

Img_7023
周防岩国 白蛇神社
開運招福 社印も紅白
文字も太い細いとめりはりがあります。

Img_6800


Img_6801


Img_6802
岩国駅より徒歩41分

Img_6339


Img_5560


| | コメント (2)

妻崎駅

Img_9056

Img_9135
Img_9138
Img_9140
Img_9143
Img_9147
Img_9148
先日の津和野を出発して湯田温泉で一泊して山陽小野田市のランです。
結構日にちが経ったので、記憶があるあいだにUPしておきました。

| | コメント (2)

木造校舎よ永遠に

Img_8765

岩国市をドライブ中に偶然発見した、木造校舎!
Img_8766
木造校舎は今やかなりレアな存在です。私も小学校の1年間だけ木造校舎でしたよ~
今は壁材がむき出しですが、おそらく現役時代は
茶系の木材で覆われていたものと考えます。
木造校舎って、、もう記憶の片隅にも残ってないけど、、廊下を歩くとぎしぎし言っていた
ことが脳裏に少しだけ残ってるような気がした。
Img_8767
岩国市立柱野(はしらの)中学校、2004年休校とあった。
もう13年の月日がたってますが傷みはそれほど感じられなかった
のがせめてものって感じでしょうか。
Img_8768
昭和22年の開校とある、戦後間もないころにこれほどモダンな学校が
あったんですね。当時はかなり目立つ存在だったと思いますよ。
Img_8769     
このでっぱりはなんのためだろうか。補強?謎は深まる。
Img_8770
とはいっても近隣の同様の仕様の校舎は解体されてますので
ここもあと何年あるかわからないので、雨合羽でパシャリ!
Img_8771
雨合羽でも生脚は健在です。
Img_8772
往来がそれなりにある国道から少しだけ入ったところにあるので
解体される前にどなたか有効利用してくれませんかね~~

| | コメント (2)

台湾ラーメンでランチ asicsランパン xt-7338

Img_4383 昼のランチは、午前中の下見で見つけた台湾料理のお店にレッツらごー。お昼前なのに、駐車場は一杯。さっきの観覧車のBGMは太陽がいっぱい(天気は雲いっぱいだけど)

 もう少しあとの時間にお邪魔しようと、再びRUN開始。
Img_4384
小瀬川の河川敷をRUN。広島県側から、奥に見える煙突は和木町の
面積の大半を占める工業地帯。
 
Img_4385
Img_0438
この中市堰(せき)を渡ると山口県。
Img_4386
山口県といえば、ガードレールがみかんにちなんでイエローなのは
有名ですが、ここの柵にもみかんが描かれております。
 
Img_4387
山口県側の河川敷です。
Img_4388
山口県側の方が河川敷は広く、石畳調になっていてお金かけてる感は
あります。
Img_4389
 さて、ランチの時間です。時計をみたら14:20 昼の部は14:30まで
Img_0439
ともにもかくにも急がねば、、お店に入ると、広い店内には誰もいなくて
ほぼ貸切状態。急いで注文しないと、やはり台湾ラーメンははずせない
丼もの5種から選べるセットがあったので、天津飯をセレクトした。
 接客は日本語ですが、店員さんは中国系の方のようで、日常会話
はすべて中国語でした。うん、これは期待できそう。
 ほどなくして、台湾ラーメンが登場。いつも食べている日清の冷凍
のそれとほぼ同じ。にらとひき肉、鷹の爪の量以外は。
 見た目ほど辛くないし、油が浮いているわりにはあっさりしてるし
なんとも不思議なラーメンだと思って油断してたら、突然汗が吹き
でてきました。
 入店するまえにシャツを着替えて、汗を拭いて、ランパンも丈の
長いショートパンツに着替えての準備万端だったのですが。
 水を何度も飲んでいると、天津飯登場。
 王将とかのそれは卵が円状ですが、ここのは掻き玉風でした。
あんが甘目だったので、辛い台湾ラーメンにベストマッチででした。
 お店を出た後お口直しにコンビニでアイスを買って、前から
気になっていた三井石油の引き込み線跡へGO
 
Img_4390
こちらは山口県側、線路は完全に撤去され、面影は全くなし
 
Img_4392
 こちらは広島県側、線路も枕木(ほんとの木製です)完全に残ってます。
Img_4393_2
車止めまでちゃんと残ってます。大竹駅は扱い量が少なくなったとはいえ
JR貨物はまだまだ健在です。
 今回のマラニックは13.59kmでした。
 
 

 

| | コメント (2)

大竹和木マラニック-2 恐竜の森に迷い込んだRUN 

 始祖鳥からの追撃を鈍足ながらかわすことに成功。

 こんどは捕獲に挑戦!
Img_4357
迷い込んだ森には恐竜のオンパレード!
 アンキロザウルス、硬い鎧を纏った出で立ちです。Img_4352_2
大胆にも眼前を通過しました。今にも襲ってきそうな勢いなので、そっと背後へ
 
Img_4353
 公園内で最大級の恐竜、名前をひかえるのを失念してしまいました。
Img_4361
 普段は子供たちの歓声がこだまするのでしょうけど、この日は
貸切状態でした。
Img_4362
テコドントザウルスです。どうして恐竜の名前はxxドンとかxxザウルス
とかが多いのですかね。どうして滅亡したのか、どうしてこんなに
巨大化したか謎ですね。
Img_4367_2
イグアノドンです。恐竜と言えばジュラシックパークですが、この公園
にはジュラ紀の恐竜はいなくて白亜紀、三畳紀の恐竜ばかりでした。Img_4368_2

さて場所を移動してばら園RUN。季節はずれなのか、ほとんど咲いてませんでした。
Img_4370
 ここで古民家に迷いこんだうてきなですが、昔懐かしい土間の
台所。まらにっくはどうなったんだ? 続く
Img_4371



| | コメント (2)

大竹和木マラニック -1 asics XT-7338

10年ぶりにやってきました、山口県和木町の蜂が峯公園。

Img_4339

その時はまだ造成中だった住宅がすっかり完成していました。公園内に住宅

まわりは自然いっぱいなんですが、なにせ山のうえにあるので、スーパー

学校、その他公共施設はつづら折りのカーブをおりたところ、自転車では

とてもじゃないけど登れない。いいような悪いような。

Img_4341
山にそびえる不思議な建物。トレーニングがてら、何段あるかわからない階段を
登ることに。建物のまわりは、訪れる人も少ないのか、雑草が生い茂る。
Img_4340
なかはこんな感じ。柵で見えにくいが、一様展望台のようだ。
Img_4342
園内を走るSLの駅です。うてきなJr君が小学生の頃一緒に乗った以来です。
日曜日だけど、だれもいないので運休しているみたいです。
Img_35985 これもなつかしの私が生まれてこのかた唯一のった観覧車です。いまどきありえない
BGMは「太陽がいっぱい」 レトロな遊園地を思い出します。
Img_4351_2
恐竜公園に迷い込んだ私。始祖鳥に襲われそうになる、鈍足ランナー
うてきなの運命は如何に? 続く
 

| | コメント (2)

やない港 マラニック

 おおばたけ駅を通過して、またまたJRの線路をオーバークロス、そういえば全行程1箇所も踏切がありませんでした、すべて立体交差でした。ここの坂のてっぺんあたりで初老の男性から「(薄着で)元気じゃね」と声をかけられました。もうマラニックの恒例行事です。

 大畠の町並みを通りすぎると、オーシャンビューとはお別れして、柳井市の市街地が見えてきました。その入り口にあるやない港駅が本日のゴールです。JRでは約15kmですが、寄り道とかしたので約20kmのマラニックでしたよ。Img_0312
 やないといえば金魚の提灯ですね 。
Img_0311
 機会があれば白壁の町並みをマラニックしたいですね。
Img_0310 柳井港駅は不思議な構造になっていて、上りも下りも駅舎から遠回りして、跨線橋を
跨がなければならない、地球にやさしくない駅です。
 
Img_0317
ここでも性懲りもなくホームrunしてきましたよ。長いホームは走りごたえ満点でしたよ。
Img_0315
 

| | コメント (2)