相撲の祖 この地で逝く

 昨年は世間をお騒がせた相撲界ですが、人気が低下しているとささやかれている一方でやはり国技として根強い支持があるのも事実です。

相撲の祖といわれる野見宿禰(のみすくね)さんは、日本書紀にその記録のある日本初の相撲を行った人といわれています。

Dscn2561_2

ここまでの道のりは結構大変でした。健脚の方におすすめです。

Dscn2562_2

野見さんゆかりの土人形と思われます。

Dscn2563_2

出雲に帰る途中この地で病死し、その後に出雲から多くの人々が集まり川からリレー式に石を運び墓を築いたとされています。

「野に立つ人」「立野」が、いつしか「龍野」という地名となったとされています。

Dscn2560

神社近くの展望台からたつの市の市街地を望みます。写真中央の揖保川(いぼがわ)はこの地に多くの恵みをもたらしました。この続きはまた後日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街角のエジソン弐

Dscn0697_1

エジソンの発明の一つに白熱電球があります。電球のパーツのひとつに光を放つフィラメントというのがあります。現在はタングステン等が使用されてますが、エジソンの時代にはこれといった素材がなく苦労しました。

 あるときエジソンはある素材に出会いました。それは竹でした。そのなかでも京都府八幡市の竹がエジソンのお眼鏡にかないました。

 白熱電球はエジソンさんの発明ではないのですが、安価で長時間のものを作り出しました。

 京阪電鉄八幡市駅前にはエジソンお墨付きの竹を記念したモニュメントがあります。日本の竹が、世界の暗闇を明るくともしました。

 Dscn2183  

| | コメント (2) | トラックバック (0)