原 宿到着 53次アプリ

原宿到着です。 全行程の4分の一終わりました。

Cimg0029
D4dc4b476a75a86b0e29e86730540c78640
本日の名脇役 梶原善さん
1966年2月25日岡山市生まれ シスカンパニー ひにくれてるがどこか憎めない役 私が観た出演ドラマ 王様のレストラン マイリトルシェフ 重版出来
Img_0199 本日ゆるラン24km 30000歩 Img_0277

| | コメント (2)
|

小田原宿 東海道53次アプリ

予定より一日遅れで小田原宿に到着。

当時は日本橋を出て最初の城下町だったところで

たいそうにぎわっていたとのことです。

西日本のものとして小田原のイメージといえば

小田原評定 高級蒲鉾の産地 小田急 ですかね。

次は難所の箱根宿までは4里8丁 17KM近くあります。

週末にはたどり着きたいですね>>

Img_0068 Img_0490

| | コメント (0)
|

神奈川宿到着です。

アプリ東海道53次 3つ目の宿場 「神奈川宿」に到着しました。

横浜港ができたのはペリー来航後のこと。

その後の目覚ましい発展は衆知のとおりです。

30日は戸塚宿です 当時はここを最初の宿にすることが多かった そうです。 Cimg0063

| | コメント (2)
|

東海道53次 生麦事件

本日 ケータイの歩数計アプリ「東海道53次」で生麦事件跡地を通過しましたよ。
1862年 薩摩藩の武士がイギリス🇬🇧人
を斬りつけて翌年薩英戦争で惨敗し
攘夷の限界を実感した薩摩藩が
倒幕へと突き進むきっかけとなった
場所です。
3番目の宿場
神奈川を目指します
Cimg0040

昨日、ショッピングセンターを生脚、生腕ランナーを発見?

普通だったら違和感ありありですが、若くてイケメン

モデル並みの美脚だったので許されますね~~

うらやましいですね~~happy01

 

| | コメント (4)
|

みかんの記録

いよいよスタート。やはりスピード重視、そして広い車道走るのであっというまにランナー

の塊はばらけていきました。Img_1865
 スタート時は、ゼッケン番号順だったので、待ち時間の間に自主的に最後尾に移動
しました。前回NIKEのアプリが調子がいまいちだった(kmごとのアナウンスがない)
ので使用しませんでした。
 
 今回のコースは全く下見もしていない初開拓のコースです。行きの送迎バスで見た
だけです。ところどころ内陸を走りますが、ほとんどがオーシャンビューでした。
 前回は前半飛ばしぎみだったので、追い抜かされても気にせずマイペースで走ることに
専念する。
 さすがにロードレース。沿道からの応援がこだまする、私のうしろを走っていたランナー
はそのすべての声援に応えていました。「そこの男前!笑顔最高!」
 折り返してきたトップランナーにも声をかけていました。
 説明が遅れましたがこの大会は5km地点で折り返して、会場に戻るコースです。
ですんで折り返してくる高速ランナーが見れるいう特典付です。
 2km地点くらいで尿意が、、、途中コンビニとか公園あったけ?そうこうしているうちに
2.5km地点くらいにエイドを発見、トイレもあるようだ、一安心。
エイドは計4か所と充実してましたが、水とポカリスエットだけでした。残念!
 そうこうしてるうちに10kmのトップランナーが折り返してきました。過去2回の10km
の大会と比べて明らかにスピードが違う。それと年齢層も若い。記録会もかねているので
当然といえば当然。飽きることなく爽快な走りに見とれてました。
 私も3km超えたあたりから、少しペースを上げることに。いつもは車道のすみっこを
時には歩道の段差、信号、車、歩行者、自転車、、、色んなものを気にしながらのランニングですが、今日はそれらのストレスが全くない、我が物顔で天下の往来を走れる、こんな
楽しいランニングははじめて。ハーフに出場すべきだったと途中で後悔しました。
 折り返し地点は坂の中腹、ここの区間が一番しんどかったですね。ちょうど4km地点の表示がなく、距離がつかめなかったせいでしょう。
 もう復路はかなり気が楽ですね。やはりコースを一度下見しておくことは重要ですね。
7km地点くらいで、早くも白バイに先導されてハーフのトップランナーが私を追い越して
行きました。その後もどんどん私を追い抜いていく、がちランナーの後姿にまたしても
見とれてしまいました。
 10kmの往路のランナーとも少なからずすれ違う。苦しそうに走ってたり、歩いている
ランナーもいました。私も最初はこうだったのだろうな、初心の気持ちを思い出させて
くれました。すれちがうランナーそれぞれに、心から応援しました。
 9km地点付近で、JAの時計が見えたのですが、やばいこのペースだと自己ベスト
はほぼ絶望的。ラストスパートでどうにか前回と十数秒おくれの62分32秒 321位で
ゴール。60分の壁は厚い。自己ベストならず。途中のトイレ休憩と、前半のスローペース
が次回の反省点です。Img_1898
 参加賞とあらかじめ予約しておいた、お弁当をもらっていざ体育館へ、なかはすごく混雑していて、あらかじめレジャーシートで陣地取りしてなかったので、弁当は港で食べることにしました。送迎バスの時刻までだいぶん時間があるので、まだ余力十分なので、歩いていくことにしました。
 ちょうどハーフのランナーが戻ってくるピークだったので、退屈することなく港までの
散歩を楽しむことができました。閑散とした港の公園のベンチでお弁当いただきました。
手作り感のあるいかにも田舎の仕出し弁当でした。
Img_1918
 それにしても10km走った後に6km歩いて、広島港で約1時間ポケモンゴー、余力
残し過ぎたのが今回の反省です。自分でいうのもなんですが、10kmは距離が短いぶん
みんな飛ばすので、スピードがない私には面白くないので、今回で打ち止めにしようかな
と思います。次は2回目のハーフ。ランネットマラソン100選にも選ばれた大会、今から
とても楽しみです。Img_1922

| | コメント (2)
|

姫路でマラニック

8月13日14日はブログをお休みしました。お泊りのマラニックに行って参りました。

Img_5862

広島発ののぞみは何故か満席(`Д´)しょうがないので、1本後の姫路に停車する便にしました1時間あまり立つことなんぞランナーたるものお茶の子さいさいです。

Img_5863

でも蓋を開けてみれば次便はがら隙でした。20分待ったかいがありました。もっとも私は後ろに並んでいた父子三人連れの人間観察で退屈はしなかったです。

Img_5864

姫路駅でコインロッカーに荷物を預けて、大手前通りを散策。流石姫路のメインストリートポケストップが乱立してます。野生のポケモンもこらったばかりの広島とは違ってとても楽しい。

Img_5865

お城の前の公園のトイレで、ランシャツランパンに着替えていざマラニックスタート。

姫路城ランはずっと憧れてました。昨年は大阪城ランも無事完了して、世界遺産の城にチャレンジです。歩道も広く、緑が一杯なんですが、ランナーは全然いない。

Img_5866

勿体ないなあ。私が姫路市民だったら、毎日でも走りたいですね。レンガ造りのこの美術館もそそられましたが(冷房が効いているので)、流石にランシャツランパンはTPO違反ですよね。どこでも出入りできるランウェアがあればいいのに

 

Img_5865_2

姫路城を北側にして「、時計まわりでマラニックしてきました、

Img_5866_2

城の東側はポケストップも少なくて走りに専念?できました。

 

Img_5867

過去と未来が素敵にこらぼする城下町姫路マラニックは予想以上のものでした

 

 

| | コメント (2)
|

棚田ランは続く

 

Img_4971 棚田ランの前に、廃線跡RUN行ってきました。13年前に廃線になった

ばかりで、なおかつ田舎なので、市街地の路線のように区画整理が
進んでないので、結構現役時代の面影を残してます。
 
Img_4973
ここから、マニアックな話になるので、ランナーさんはスルーしてくださいね。
そもそも鉄道は急な坂やカーブが大嫌いです。
Img_4974
ですんで、廃線跡はランニングにはもってこいのコースなんです。
しかし、ここ旧かべ線は、比較的新しい路線ゆえトンネルを掘り
鉄橋をつくり、できるだけカーブを少なくするつくりになってます。
Img_4991
築堤や高架橋で踏切を少なくしてます。それゆえ遊歩道の整備が難しい一面
もあります。
 
Img_4994
それでも一部区間で短い距離とはいえ道が整備されているとつい走り
たくなるのは、きっと鉄分が不足しているからでしょうね。
Img_4997
Img_5003
Img_5007
鉄橋もそのまま残ってます。
Img_5011 国鉄時代に建設された路線なので、すべて税金で建設されたもの。
実は日本各地に、税金無駄遣い路線が多数存在します。そういった
社会問題に切り込むのもマラニックの醍醐味です。
Img_5015 今回2回目になるいに棚田ランも、短絡ルートも見つけて、秋の
収穫時期が楽しみです。


| | コメント (2)
|

可部線廃線跡から棚田ラン

Img_3245

廃線区間の中でもっとも乗降客が多かった、旧加計駅(かけ)付近です。
Img_3249
旧かけ駅、および駅前広場は駐車場として活用されてます。プラットホーム
の一部が保存されてます。
Img_3250
Img_3251
ランチは駅近くにあるスーパーで買ったジャンボたこ焼き。おそらく
お店で焼いたのではなく、業務用だと思いますが、生地にしっかり
味がついていたので、おいしくいただけましたよ。
 
Img_3253
マラニックの途中で偶然見つけた棚田。広島県に1つだけ棚田100選が
あるのは知ってましたが、まさかここで出会えるとは、、、
Img_5032 横溝正史さんの金田一シリーズにでてきそうな、隔絶された集落。
Img_3255
海の日の連休で再訪がかないました。田植え時期と2か月の姿
を比較してみてください。
Img_3258
2か月後の棚田です。
Img_5039
 

| | コメント (4)
|

旧可部線RUN-1

Img_3213

五月頃にマラニックしたものです。埋もれていたので今更ですが

投稿しました。

Img_3222

NIKEのランT、asiicsのセーフティーイエローのランパン共にSサイズです。ランTはサイズはあと1枚あるだけです。

 

Img_3228

河原に降りてみました。鉄橋もそのまま残ってます。太田川の流れにそって

敷設されていたので鉄橋も多く、車窓が抜群の路線でした。

Img_3229

台風時は大暴れの川ですが、広島市の大事な水がめです。

Img_3232

水も冷たくて気持ちいいです。夏だったら水浴びもいいでしょう。

線路も枕木もバラストもきれいに撤去されてます。プラットホームはそのまま残ってます。

Img_3239

待合室と駅名板は骨組みだけになってます。

Img_3240

ここはバラストのみ残ってます。少し走りにくいです。

Img_3241

水曜日はRUN休日でした。

 



| | コメント (2)
|

台湾ラーメンでランチ asicsランパン xt-7338

Img_4383 昼のランチは、午前中の下見で見つけた台湾料理のお店にレッツらごー。お昼前なのに、駐車場は一杯。さっきの観覧車のBGMは太陽がいっぱい(天気は雲いっぱいだけど)

 もう少しあとの時間にお邪魔しようと、再びRUN開始。
Img_4384
小瀬川の河川敷をRUN。広島県側から、奥に見える煙突は和木町の
面積の大半を占める工業地帯。
 
Img_4385
Img_0438
この中市堰(せき)を渡ると山口県。
Img_4386
山口県といえば、ガードレールがみかんにちなんでイエローなのは
有名ですが、ここの柵にもみかんが描かれております。
 
Img_4387
山口県側の河川敷です。
Img_4388
山口県側の方が河川敷は広く、石畳調になっていてお金かけてる感は
あります。
Img_4389
 さて、ランチの時間です。時計をみたら14:20 昼の部は14:30まで
Img_0439
ともにもかくにも急がねば、、お店に入ると、広い店内には誰もいなくて
ほぼ貸切状態。急いで注文しないと、やはり台湾ラーメンははずせない
丼もの5種から選べるセットがあったので、天津飯をセレクトした。
 接客は日本語ですが、店員さんは中国系の方のようで、日常会話
はすべて中国語でした。うん、これは期待できそう。
 ほどなくして、台湾ラーメンが登場。いつも食べている日清の冷凍
のそれとほぼ同じ。にらとひき肉、鷹の爪の量以外は。
 見た目ほど辛くないし、油が浮いているわりにはあっさりしてるし
なんとも不思議なラーメンだと思って油断してたら、突然汗が吹き
でてきました。
 入店するまえにシャツを着替えて、汗を拭いて、ランパンも丈の
長いショートパンツに着替えての準備万端だったのですが。
 水を何度も飲んでいると、天津飯登場。
 王将とかのそれは卵が円状ですが、ここのは掻き玉風でした。
あんが甘目だったので、辛い台湾ラーメンにベストマッチででした。
 お店を出た後お口直しにコンビニでアイスを買って、前から
気になっていた三井石油の引き込み線跡へGO
 
Img_4390
こちらは山口県側、線路は完全に撤去され、面影は全くなし
 
Img_4392
 こちらは広島県側、線路も枕木(ほんとの木製です)完全に残ってます。
Img_4393_2
車止めまでちゃんと残ってます。大竹駅は扱い量が少なくなったとはいえ
JR貨物はまだまだ健在です。
 今回のマラニックは13.59kmでした。
 
 

 

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧