スィートピーそれは懐かしい思い出

Img_3091

ニオイエンドウ 花言葉は「懐かしい思い出」 もう34年もたつのか。
自身8枚目のシングル。どちらかといえば、胡散臭い男性ファンを虜
にしていた彼女はこの歌を境に女性もファン層にとりこんだ名曲
「赤いスィートピー」
マメ科のこの植物、この歌を境に春を代表する曲の仲間入りを果たす。
 「ぶりっこ」今や死語とか化したこのコピーで若い女性に反感を買って
いた彼女ですが、今でもこの曲は女性に多大な人気を得ているとのこと。
Img_3092_6
もちのろん、私もリアルタイムで聞いてましたが、女性目線で書かれている
のでいい曲だなというだけで終わったしまった記憶がありますね。
 クレタカルボことユーミンさんの作曲なので脳裏には残ってますね
ちょうど美ジョガーさんもランニングがてら写真を撮られてました。
私の地鶏いや自撮り風景を目にされて、「写真撮りましょうか?」
とお声掛けいただきましたが、なんか照れくさくて、お礼だけ言って
辞退しました。「もう咲いてるころかなと思って寄ってみたんですよ!すごくきれいですね」美ジョガーさんが言ってました。
ここの工業高校の生徒さんが育てているんです。四季を通じて色んな花々が咲き乱れているのです。男子校なので、どちらかというと汗臭くて、色気がないのでいいかもしれませんね。
 
Img_3083_3
 バラもきれいなんです。通りがかった初老の女性が「やはり白がええね」
薔薇といえば赤のイメージですが、清楚な白も捨てがたいのでしょうね。
 Img_3084
本日8.03km 6:52 6:32 6:14 7:48 6:28 7:30 9:34 6:21
 
Img_3081
海沿いを走ってると、私と同年代くらいの男性が汗をふきふき前方から
やってきた。「あんた元気じゃね」笑顔でうなずく。「がんばりんさいね」「はい」
「がんばりんさいね」 私帽子かぶって年齢詐称してるのですが、白髪が
覗くので実際より年齢を高く見られること多いのです。このかたはまだ頭髪
はふさふさして白髪も目立たなかったし。
 でも応援してくれるのはとてもうれしいことには変わりないです。
 

| | コメント (2)
|

アイランドマラニック3 誰もいない海

♪今はもう秋だれもいない海♪

 夏を過ぎた海はどこかさびしげ、太公望が集うだけ。、サザンやチューブが似合う真夏のビーチrunも捨てがたいですが、失恋ソングの定番の静かな海岸の疾走もいいですね。 
 誰もいないシーサイドや海岸沿いを独占ランできるいまの季節が至福の時です。
 
Img_0432
波打ち際は要注意です。目測を誤って、シューズが濡れてしまって動揺している、いわゆる没写真です。ここはマラニックコース上にあった海辺の別荘地です。
 夜は潮騒のメロディーを子守唄に、朝はすこやかに目覚め、波打ち際をジョギング!
そんな別荘ライフ。想像しただけで楽しそうですね。
 気をとりなおして、再度パシャ 
Img_0433
 さて、現実にもどりまして、とりあえす今はこのアップダウンを走りきらなければ
Img_0429
 坂道の連続でそろそろ、相棒の両脚が悲鳴をあげてきそうです。
 Img_0431
 

| | コメント (2)
|

みんな空の下からの三日月run

  昨日土曜日は夕方まで雨で、RUNはお休みしました。今年は7本のライブすべて運よく

チケットをゲットできました。実は昨年2本のライブがゲットできませんでした。ポルノグラフティーと絢香です。一般販売の時間開始とほぼ同時にローソンの端末で操作するも、うりきれの文字、、 
 絢香さんのライブが来年の2月にあることが9月に告知あり。アリーナでのライブなので
TVCMとかで頻繁に流れていたので、先行販売が意外と不調だったのかな。去年は普通のホールだったので。
 緊張のなか、ロッピーの端末を押す。名前を入力する画面に移った、やったチケットGET!
席は後ろのほうだけど、とにかくゲットできて一安心。
 アリーナ講演は昨年の竹内まりやさんに次いで2回目です。これでおのずと日課RUNの
テンションも上がるというものです。Img_0445
 

| | コメント (2)
|

海を抱きしめてRUN 

 ♪生まれてこなければよかったなんて心がつぶやく日は人ごみに背を向け会いにゆくのさ

なつかしい海に♪ この歌を聴いて思い出される風景は高校を卒業してから、見知らぬ土地
大阪で一人暮らしを始めたことのことです。
 はじめての一人暮らし、楽しいながらも不安な日々を送っていた時、たまたま再放送の
「ゆうひが丘の総理大臣」のエンディングに流れていたのが、「海を抱きしめて」でした。
 日曜日に生歌を聴いてきました。中村雅俊さんのライブにお邪魔しました。Img_6507
 歌というのはすごいなと思います。遠い昔のことを思い起こされる魔力があるからです。
今年すでに6本目のライブ。自転車こいで会場へ、広島市のおとなりの地方都市の小さな市てすが、立派なホールがあるんです。だからビックネームのアーチィストもやってくるわけです。バックで演奏するのは2人だけというある意味こじんまりとしたライブでした。
 ふれあいや心の色を生で聴けましたが、ライブの法則その1 「ライブはヒットメドレーにあらず」 ライブはあくまでリピーターを対象?にしているので、あえて聞きなれたヒット曲は外す傾向にある ライブの法則その2「ライブはアンコールを含めて2時間30分で完結する」 ヒット曲はアンコールで歌われる傾向にあるようです。
 この日は中村さん本人が会場に降りくるサプライズがありました。私は通路から離れた席に座っていたので握手することはかなわなかったですが、至近距離で雅俊さんが見れたのは貴重な体験でした。何が起こるかわからない、生で歌が聞ける、高いお金を払ってもライブはできる限り足を運びたいです。
 

| | コメント (2)
|

岩国駅~夢をあきらめないで

Img_6686 ♪あなたの夢をあきらめないで、遠くにいて信じている♪

待つわ♪のあみんの元メンバー 岡村孝子さんのライブに行ってきました。
会場にはいつもは電車で行くのですが、マラニックのトレーニングを兼ねて、
自転車で行きました。今年5本目のライブ。明日のライブを含めてあと3本
予定してます。。今年は例年になく順調にチケットがゲットできたラッキーな
1年でした。
 会場はほぼ満席、コンビニ販売分は早々にソールドアウト!ホール販売分のおこぼれを
GETしたのは1か月前、2階席の後ろのほうでした。
 岡村さんもソロになってから30年。浮き沈みの激しい芸能界で逞しく生き残るのは
意外とベタなライブなんでしょうね。いまではネットとかでライブ映像はいとも簡単に
見ることはかのうですが、それでは印象も残らんですよね。
 だからミュージシャンはライブを重要視するんでしょうね。大都市だけでなく地方都市も
こまめにまわってますよね。昨今は地方にも都市と比べても遜色のないホールがたくさん
あります。昔風にいえばどさまわり。ですんで、ライブの曲目は必ずしもヒット曲のオンパレードではないのですね。リピーターが期待しているのは、進化するアーチィストの姿なんですよね。きっと
 
Img_6687
錦川マラニックの〆は岩国駅前のラーメン店にて。お世辞にもきれいではないけれど
豚の背あぶらが浮く一見こってりした見かけとは裏腹にあっさりした味。あぶらのおかげで
さめることなく、あつあつで最後まで食べれる私好みのラーメンでしたよ。
 
Img_6688
 錦川RUNも2/3を宿題として残したままです。

| | コメント (2)
|

BECAUSE I LOVE YOU RUN

 土曜日の呉31マラニックの途中、かるが浜というビーチに立ち寄る。残念ながら

水着GALの姿を拝見することは叶わなかったけど、とりあえず写真は撮りました。
Img_5886_2
 ビーチといえばチューブ(TUBE)さんの歌ですね。ちなみに私の好きなのは
「BECAUSE I LOVE YOU」です。私の記憶が確かならば、「シーズンインザサン」の次のシングルだったと思います。
 先日は発売になったベスト盤にこの曲が入ってませんでした。買う気まんまんで
ショップに行きましたが、卵の入ってないかつ丼みたいだったので購入を見送りました。
 さて今回のマラニックは呉市の吉浦から国道31号線沿いのシーサイドを走ろうという
コンセプトです。jR呉線が併走しているので、もう走れんわとなったら最寄り駅から電車に乗って帰るいう作戦です。ただしデータイムは60分間隔のダイヤなので注意が必要です。
 
Img_5885
 吉浦より西は国道のすぐ南は安芸灘、北側すぐ山なので、人家が少なく人通りもほとんどないだろうという予測は的中した。
 しかし吉浦駅から出てそんなに時間は経ってないが500mlのペットボトル飲みほしてしまいました。前途多難です。
 Img_5888
 
 

| | コメント (2)
|

未来予想図RUN 

 先週木曜日以来の夜RUN。先日の岩国RUNと比べても、暑いながらも

快適にRUNできましたよ。走る前にこの日もうすでに15000歩達成してたので
30分ほどRUNして終了しました。
 私のRUNの未来予想図は今日みたいに穏やかに、たまにはワイルドに過ぎていくのかもしれませんね。未来予想図の歌詞の中にブレーキランプ5回点滅「あいしてる」のサイン!!というのがあったよね。そんなサイン 50過ぎのおっちゃんにはハードル高いですが、夜RUN中はライトを無数に点滅しながらRUNしてます。「RUNあいしてる」のサインです。ちょっと無理があったかな。
 
Img_5784
  岩国RUNの続きです。あまり観光客は訪れませんが錦帯橋東側に
広がる旧城下町が私のいちおしなんですよ。古い町並みが保存されていたりして、隠れた穴場なんです。老後は観光ガイド志望の私がちょっとだけご案内しましょうね。
 
 おっといきなりなつかしい看板です。女性の敵、黒くうごめく物体。飽くなき戦いはまだまだ続く。はみがきみたいなチューブを箱に塗るというとてもアナログな代物でした。
ちなみに私は会社ではooぶり駆除係です。最近あまりお見かけしなくなり、私の
出番はないですが、そのほうが会社は平穏なのでいいのですが、男子は私以外にも
えっとおるのに駆除できるのは私のみというのはさびしいかぎりです。
Img_5764
人の顔つきは習慣である。確かに日々の生活というか、気持ちが顔にもろ出ますし、
笑顔が習慣になればしめたもの。笑顔が習慣になるなんて、なにかしらあこがれますね。
Img_5763
続いても宇野千代さんの文学碑です。
ちなみにこのランウェア、おしゃれかどうかはわかりませんがみんなの目にRUNを楽しんでいると映っているのなら光栄です。だからウエアにはこだわりたいです 。 
 でもこの年代のおっちゃんでこんなある意味目立つ格好しているひとが、あまり
いないので空気読めてないかなと思う時はありますが、この格好で走りたいという
気持ちが勝っているのが現状です。  
Img_5765
お洒落は 金をかけるのではなく、手をかけ、心をかけることです。
生きてゆく上での生き甲斐でもある。
 以下全文です。
ちょっと大袈裟に言うと、人としての義務である。
おしゃれは自分のためにだけするものではなく半分以上が自分に接する人たちの眼に気持ちよく映るように、と思ってするのだから。
大切なことはお洒落をしようという気持ちがあると、どうしたらもっときれいになれるかと考えることにつながって、何か新しいものを工夫して考え出すきっかけになることがあるのです。自分の見てくれだけをよくすることから始まって 何かこれまでになかったものを考え出す原動力になることがあると思うのです。ただ一つの茶碗をテーブルの上に置いても、見て 気持ちが良いという置き方があるものです。
これは、言い過ぎかもしれませんがね、おしゃれをしない人間は泥棒よりも醜いと思います。
 
 おしゃれをしない人間は泥棒より醜いとは、少々辛口かなと思うけど、人への気遣い
が欠けているとなればそれは問題かなと思いますね。 
 私も数年前までは、着れたらなんでもええわという、ある意味ずぼらな人間でしたがRUNの時だけは、色々考えるようになったので、少しは進歩したのかなあと思いますよ。            
 

| | コメント (2)
|

土曜の夜はファンキーRUN

 私のカラオケの十八番 ♪「MISSING」 生で聞いてきました。♪「LALALA LOVESONG」とかのファンキーファンキーな曲も彼の魅力ではありますが、あの高音ボイスのバラード

はさらに魅力的である。
 今更ながらこの曲、思いとは裏腹にすれちがっていく(MISSING)男と女の物語なんだなと
感じた。次カラオケで歌うときはもっと情感こめて歌えるかもしれない。
 
 ライブ会場への行きしな、手前の駅で降りて、30分WALK。19:00開演だったので
前から気になっていたラーメン店で腹ごしらえする。21:00.閉店なので、ライブ終わって
からだと閉まってしまう。
 店内はこざっぱりとして、私好みの内装であった。ここはちゃんぽんが有名らしいが
これは次回のライブの時に食べるとして、九州出身者も認めた、長浜ラーメンのセット
をオーダーする。
 広島でこれだけの味が正味できるのではあれば十分かな、つけあわせの高菜漬け
も辛味が強く、ラーメンとの相性も抜群だ。思わず替え玉の誘惑にかられたが、
気が付いたらスープをほぼ飲み干していた。てな訳で、帰りは約3kmRUNしました。
 平和大通りをRUNしましたが、意外と街灯が暗く、いつも夜RUNで腕に巻いている
蛍光ライトをもってくれば良かったと後悔すでに遅し。よって徐行RUNとあいなった。
 そういえばライブでこの腕に巻く蛍光ライトを3個左隣の女性がしていた。
こんな利用法もあるのだと、次の青春貴族ライブで使ってみよう
 Img_5587

| | コメント (1)
|

青春貴族RUN

 5/28のチケットの一般販売日をうっかり失念してまして、昨日の夕方RUNの前に

ローソンへと急ぐ、Lコードを入力し、結果をしばし待つ。OKでした、どうにかゲット
できたようです。で、肝心の座席ですが、1階席のかなり後ろ。あぶないところでした。
 10月のライブなんですが、タイトルにもなっている「青春貴族」たしか小学校6年の時の
キャンプファイヤーで歌ったナンバーです。そして私が生まれてはじめて買ったSPレコード
でもあります。実はこの曲はB面で、A面は「ふれあい」  
 RUN中に口ずさんだのは「恋人も濡れる街角」♪  ライブが今から楽しみです。
Img_54335

| | コメント (1)
|

♪今夜だけきっと~トワイライトアベニュー~夢伝説♪ 

Img_4164 ♪ ライブの神髄を見たような気がする♪

 広島上野学園ホール どこだっけ?昨今は命名権が流行で、公共のホールにいろんな名前がついている、広島に長く住んでいる私には郵便貯金ホールのほうがピンときます。と言いながらこのホールは初体験であります。
 今日はいったい何しに来たかと言いますと スターダストレビューのライブを観に来た次第です。スタレビ(以下これにて記載)の出会いは高校時代の友人の影響で聞き始めました。昨年11月ごろにたまたま新聞広告で広島公演の記事を見つけて、ローソンのロッピーの端末を販売開始時間と同時に操作したら運よくゲットできました。
 3年ほど前からライブにはまってまして、ジャンルを問わず年に3-4回足を運んでます。一番困るのは席の確保です。特に人気の高いアーティストはファンクラブから優先的に販売するので、一般販売がはじまったら運だけが勝負で、販売開始と同時に端末操作しても売り切れという経験は多々あり、行きたい公演の切符をGETできる確率は50/50といったところでしょうか。
 ところで肝心のライブのほうなんですが、まだ全国ツアーの真っ最中でこれからライブへ行かれる方のネタバレになりますので、詳細は内緒にしておきます。
 テレビ等の露出は少ないアーティストですが、メジャーデビューが1981年と、浮き沈みの激しい音楽業界の中にあって非常に息の長いアーティストと言えると思います。広島にも30回ほどこられているとのこと。
 客層は30代から50代くらいで女性が7割程度といった感じでしょうか。私が行くライブはこの辺の世代が多いと思います。
 さていよいよ開演、演奏がはじまると同時に全員総立ち。なにか申し合わせたかのように。その後のりのりの曲が3曲続いたあと申し合わせたように着席。その後も立ったり座ったりスクワットみたいでした(笑)
 スタレビは同業者にファンが多いとのこと、確かにCDを聞いただけでは見えてこない、多彩なパフォーマンスをみているとうなずける気がします。
 それにしても現在では、ネットのユーチューブ等でライブ映像とかみることが可能なのに黒してチケット入手して、スケジュール調整して会場まで足を運ぶ。あまりにもアナログではあるけども、これがライブの魅力かなと思います。ホールという空間のなかで、好きなアーチストと同じ時間を共有できるというのは何にも代えがたいものがあります。そして気が付いたら3時間30分があっというまでした。通常のライブはだいたい2時間30分くらいなんでだいぶお得なライブだったと思います。
 
 スタレビはライブツアーを信条とする日本でも数少ないライブバンドです。地道に地方公演を続けていることが長続きの要因かもしれません。なのかしらマラソンに似ているかもしれません。これからも走り続けてほしいですし、また機会があればライブにも足を運びたいです。今夜だけきっと。

| | コメント (2)
|