• Img_0080
  • Img_0079
  • Img_0078
  • Img_0077
  • Img_0106
  • Img_0076
  • Img_0075
  • Img_0074
  • Bigsports_51rm23014
  • Img_0099

2016年7月 2日 (土)

小田島RUN-3

Img_3742

公園RUNはまだまだ続きます。
 
Img_3743
公園の蛇口は仕事柄必ずチェックしてますよ。
 
Img_3744
Img_3745
Img_3739
なんちゃってボルダリング。ミニチュアだけど手ごわかったです(^-^
Img_3782
水分補給 そしてランパンチェンジ!今一番おしのFコーラルのランパンです
 
Img_3789
少し晴れ間がのぞきこんできましたよ。
 
Img_3791
このランパン asicsの133178  TI KNIT SHORT です。
Img_3792
  さて、今日のRUN食です。ランニングをはじめてから、好みが変わりました。
牛肉より鶏肉、特につくね大好きです。つくねがおいしい焼き鳥屋さんは名店
だという説もあります。
 今回は半額の冷凍つくね、味はついてますが何かしら物足らないので、
広島のお好み焼きソースと、ゆず胡椒でいただきましたよ。まいうー!!
Img_4656
 

2016年7月 1日 (金)

小田島RUN-2

Img_3725

対岸に見えるところが、前回のマラニックで、鳥の柵があったエリアです。
Img_3729
この時から対岸を遠くから下見しておきました
 
Img_3730
さて、この小田島も以前下見をしてました。公園内はがちのちびっこ
広場、防波堤は太公望が釣り糸を垂れる。
 オーシャンビューエリアは、休日はランニングには適さないエリアという
判定でした。 
Img_3731
でも、この日は天候不順で、人影はまばらでした。これはチャンスとばかり、
コースを1周目は時計回り、2周目は反時計回りしてきましたよ。
  •  Img_3732
 
 足つぼマッサージも体験してきました、もちろん無料。
Img_3733
シューズをはいてない写真はちょっとレアかも。
 
Img_3734
蛭(ひる)ケ崎鼻。海に突き出した部分を岬 崎、鼻とか言います。
 
Img_3735
 ラン後の一服も充実してます。コカコーラの自販機の赤、私の
ランパンも負けてないですよ
 
Img_3737
トイレの壁に描かれてます。テンションあがりますね。
 
Img_3738
ちびっこがいない公園を独り占めしましたよ。       続く
 
 

2016年6月26日 (日)

台湾ラーメンでランチ asicsランパン xt-7338

Img_4383 昼のランチは、午前中の下見で見つけた台湾料理のお店にレッツらごー。お昼前なのに、駐車場は一杯。さっきの観覧車のBGMは太陽がいっぱい(天気は雲いっぱいだけど)

 もう少しあとの時間にお邪魔しようと、再びRUN開始。
Img_4384
小瀬川の河川敷をRUN。広島県側から、奥に見える煙突は和木町の
面積の大半を占める工業地帯。
 
Img_4385
Img_0438
この中市堰(せき)を渡ると山口県。
Img_4386
山口県といえば、ガードレールがみかんにちなんでイエローなのは
有名ですが、ここの柵にもみかんが描かれております。
 
Img_4387
山口県側の河川敷です。
Img_4388
山口県側の方が河川敷は広く、石畳調になっていてお金かけてる感は
あります。
Img_4389
 さて、ランチの時間です。時計をみたら14:20 昼の部は14:30まで
Img_0439
ともにもかくにも急がねば、、お店に入ると、広い店内には誰もいなくて
ほぼ貸切状態。急いで注文しないと、やはり台湾ラーメンははずせない
丼もの5種から選べるセットがあったので、天津飯をセレクトした。
 接客は日本語ですが、店員さんは中国系の方のようで、日常会話
はすべて中国語でした。うん、これは期待できそう。
 ほどなくして、台湾ラーメンが登場。いつも食べている日清の冷凍
のそれとほぼ同じ。にらとひき肉、鷹の爪の量以外は。
 見た目ほど辛くないし、油が浮いているわりにはあっさりしてるし
なんとも不思議なラーメンだと思って油断してたら、突然汗が吹き
でてきました。
 入店するまえにシャツを着替えて、汗を拭いて、ランパンも丈の
長いショートパンツに着替えての準備万端だったのですが。
 水を何度も飲んでいると、天津飯登場。
 王将とかのそれは卵が円状ですが、ここのは掻き玉風でした。
あんが甘目だったので、辛い台湾ラーメンにベストマッチででした。
 お店を出た後お口直しにコンビニでアイスを買って、前から
気になっていた三井石油の引き込み線跡へGO
 
Img_4390
こちらは山口県側、線路は完全に撤去され、面影は全くなし
 
Img_4392
 こちらは広島県側、線路も枕木(ほんとの木製です)完全に残ってます。
Img_4393_2
車止めまでちゃんと残ってます。大竹駅は扱い量が少なくなったとはいえ
JR貨物はまだまだ健在です。
 今回のマラニックは13.59kmでした。
 
 

 

2016年6月25日 (土)

大竹和木マラニック-3 古民家に迷い込んだRUN ランパンasics XT-7338

古民家に迷い込んだ私

Img_4372
囲炉裏です。見るのは初めてではないですが、実体験はないです。
Img_4374
ほうきがあったので、掃除してみました。魔女の宅急便ごっこすればよかった(*^-^)
Img_4375
縁側、祖母の家にあったなあ。ここでビールを飲むとうまいだろうなあ。
 
Img_4377
 誰もいないことをいいことにうたた寝。ランチ+ビールだったら熟睡でしょうね、(^-^
Img_4378
お風呂場に潜入、私も小学校3年までは薪で焚くお風呂でしたよ。
 公園内には
Img_4379
自衛隊のセスナや
Img_4381
SLとか、今回うまく撮影できなかった北海道からのポニーのいる牧場
もありました。
 公園を満喫したあと、山口県と広島県の境を流れる小瀬川(おぜがわ)
のランコースを下見。景色は最高ですが、歩道が狭いうえに車の往来
も予想以上に多く、再考の余地ありでした。
Img_4382
橋を渡って再び広島県へ
;
 

2016年6月22日 (水)

大竹和木マラニック-2 恐竜の森に迷い込んだRUN 

 始祖鳥からの追撃を鈍足ながらかわすことに成功。

 こんどは捕獲に挑戦!
Img_4357
迷い込んだ森には恐竜のオンパレード!
 アンキロザウルス、硬い鎧を纏った出で立ちです。Img_4352_2
大胆にも眼前を通過しました。今にも襲ってきそうな勢いなので、そっと背後へ
 
Img_4353
 公園内で最大級の恐竜、名前をひかえるのを失念してしまいました。
Img_4361
 普段は子供たちの歓声がこだまするのでしょうけど、この日は
貸切状態でした。
Img_4362
テコドントザウルスです。どうして恐竜の名前はxxドンとかxxザウルス
とかが多いのですかね。どうして滅亡したのか、どうしてこんなに
巨大化したか謎ですね。
Img_4367_2
イグアノドンです。恐竜と言えばジュラシックパークですが、この公園
にはジュラ紀の恐竜はいなくて白亜紀、三畳紀の恐竜ばかりでした。Img_4368_2

さて場所を移動してばら園RUN。季節はずれなのか、ほとんど咲いてませんでした。
Img_4370
 ここで古民家に迷いこんだうてきなですが、昔懐かしい土間の
台所。まらにっくはどうなったんだ? 続く
Img_4371